フェニルヒドラジン

出典: meddic

phenylhydrazine


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/10/08 12:31:13」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 高速液体クロマトグラフによるアルデヒド類分析方法に関する迅速化の検討と妥当性評価
  • 山本 和興,佐々木 真,小林 利男 [他]
  • 水道協会雑誌 83(2), 2-9, 2014-02
  • NAID 40019985816
  • カラメルIII中の2-アセチル-4-テトラヒドロキシブチルイミダゾール分析法の改良
  • 秋山 卓美,関口 若菜,杉本 直樹 [他],多田 敦子,伊藤 裕才,山崎 壮,穐山 浩
  • 日本食品化学学会誌 20(3), 190-195, 2013-12-24
  • … カラメルIIIに含まれる2-アセチル-4-テトラヒドロキシブチルイミダゾールを、2,4-ジニトロフェニルヒドラジンと反応させてヒドラゾンとした後にHPLCで分離して定量する純度試験において、第8版食品添加物公定書の方法では夾雑物との分離が不十分であるため、HPLCの溶媒比の変更を検討した。 …
  • NAID 110009686102
  • フローサイトメトリーによるラットの赤血球内変性ヘモグロビンの定量分析に関する検討
  • 山縣 広,日向野 蔵人,鈴木 正英,西原 義人,後藤 玄,畠山 和久,榎並 倫宣,岡崎 修三
  • 日本毒性学会学術年会 40.1(0), 1003050, 2013
  • … 【材料及び方法】生体外Heinz小体生成試験において,アセチル・フェニルヒドラジンの酸化作用により生じた赤血球内変性ヘモグロビンの自然蛍光検出(Ex488nm,Em530±15nm)をフローサイトメーター(FACS Canto,BD Biosciences)で測定して従来法の超生体染色と比較し,赤血球内変性ヘモグロビンの定量分析が可能か否か検討した。 …
  • NAID 130004676530

関連リンク

安全衛生情報センターが提供するフェニルヒドラジンのGHSに対応したモデルMSDS情報です。 ... 2.危険有害性の要約 GHS分類 物理化学的危険性: 火薬類 区分外 可燃性・引火性ガス 分類対象外 可燃性・引火性エアゾール
フェニルヒドラジン PHENYLHYDRAZINE Hydrazinobenzene Monophenylhydrazine C 6 H 8 N 2 / C 6 H 5 NHNH 2 分子量:108.1 CAS登録番号:100-63-0 RTECS番号:MV8925000 ICSC番号:0938 国連番号:2572 EC番号:612-023 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元phenylhydrazine
関連記事ヒドラ」「フェニル

phenylhydrazine」

  [★]

フェニルヒドラジン

ヒドラ」

  [★]

hydraHydra
ヒドラ属Hydra属、(薬剤成分)イソニアジド

フェニル」

  [★]

phenylPh
フェニール




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡