フェニルエタノールアミン

出典: meddic

phenylethanolamine

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • P-10 マウス線条体の発達中に一過性に出現するフェニールエタノールアミン-N-メチル基転移酵素免疫陽性細胞
  • 小森 薫,三浦 清邦,竹内 輝美,酒井 正雄,唐沢 延幸,永津 郁子
  • 日本組織細胞化学会総会プログラムおよび抄録集 (30), 129, 1989-10-23
  • NAID 110003160017
  • 31-II-13 ウシ蛙(<Rana>___- <catesbeiana>___-) の坐骨神経, 交感神経節および副腎随質内カテコールアミン生合成酵素の免疫組織細胞化学的, 生化学的研究 III フェニールエタノールアミン-N-メチル基転移酵素
  • 近藤 ゆかり,稲垣 忍,唐沢 延幸,永津 郁子,小島 秀樹,永津 俊治
  • 日本組織細胞化学会総会プログラムおよび抄録集 (20), 16, 1979-10-31
  • NAID 110003156835

関連リンク

あみの酸の分解 フェニルエタノール アミン N-ふぇにるえたのーるあみんとは-化学物質辞書 Weblio辞書 「日化辞Web」で詳細を見る フェニルエタノールアミン-N-メチルトランスフェラーゼ-Wikipedia ふぇにるえたのーる あみん N
発明の名称 フェニルエタノールアミン細胞遊走阻害剤 発行国 日本国特許庁(JP) 公報種別 公開特許公報(A) 公開番号 特開平7-25757 公開日 平成7年(1995)1月27日 出願番号 特願平5-167836

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元phenylethanolamine
拡張検索フェニルエタノールアミンN-メチルトランスフェラーゼ」「フェニルエタノールアミン-N-メチルトランスフェラーゼ
関連記事アミン」「エタノール」「フェニル

phenylethanolamine」

  [★]

フェニルエタノールアミン

フェニルエタノールアミンN-メチルトランスフェラーゼ」

  [★]

phenylethanolamine N-methyltransferase PNMT
フェニルエタノールアミンN-メチル基転移酵素ノルアドレナリンN-メチルトランスフェラーゼ ノルアドレナリンN-メチル基転移酵素 noradrenaline N-methyltransferase


フェニルエタノールアミン-N-メチルトランスフェラーゼ」

  [★]

phenylethanolamine N-methyltransferase
フェニルエタノールアミン-N-メチル基転移酵素


アミン」

  [★]

amine
生体アミン


概念

  • アンモニア(NH3)の水素原子(H)を1~3個アルキル基で置換した塩基性有機化合物

分類

置換基の数

  • 第一アミン RNH2
  • 第二アミン R2NH
  • 第三アミン R3N

生体内のアミン

あみん

  • [display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%BF%E3%82%93


エタノール」

  [★]

ethanol
エチルアルコール ethylalcohol
アルコール

法医学




フェニル」

  [★]

phenylPh
フェニール




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡