フェナセチン腎症

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • フェナセチン乱用によると思われる腎盂腫瘍の1例
  • 木村 光隆,松原 正典,諏訪 純二,松山 恭輔,宍戸 悟,千野 一郎
  • 日本泌尿器科學會雜誌 78(2), 351-355, 1987
  • … 用によると思われる腎盂腫瘍の1例を経験した.症例は46歳女性.1957年より頑固な頭痛出現し,市販の鎮痛剤を多い時には常用量の2?3倍服用するようになった.1978年頭痛を主訴に当院内科入院,心因性頭痛,フェナセチン腎症,鎮痛剤常用による白血球減少症の診断を受けた.当時の排泄性尿路撮影で左萎縮腎が見られたが,右腎盂像には異常は認められなかった.1982年内科再入院し,精査加療中,同年11月頃より肉眼的血尿出現し,19 …
  • NAID 110003058880

関連リンク

フェナセチン 帝京大学医学部薬理学 中木敏夫 今年の春、フェナセチンの供給が停止されました。フェナセチンが医薬品として承認された のは今から30年以上も前のことでした。これほど長い間にわたって有害な薬が放置されて
長期服用で 「腎障害」・「膀胱ガン」の恐れ 「頭痛・歯痛などの鎮痛剤として使われている解熱鎮痛剤「フェナセチン」を長期に大量使用した場合、 (1)重い腎障害や (2)膀胱ガンなどが多発している事が分かり、厚生労働省は19日 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事フェナセチン」「腎症」「

フェナセチン」

  [★]

phenacetin
phenacetinum
アセトフェネチジン acetophenetidin
  • NSAIDs
  • 非NSAID
  • 酸性
  • アニリン系(非ピリン系)
  • パラアミノフェノール系の解熱鎮痛薬。
  • Para-Aminophenol Derivatives: acetaminophen
  • Acetaminophen (paracetamol; N-acetyl-p-aminophenol; TYLENOL, others) is the active metabolite of phenacetin, a so-called coal tar analgesic. (Due to its association with analgesic nephropathy, hemolytic anemia, and perhaps bladder cancer, phenacetin is no longer available for medicinal purposes.)



腎症」

  [★]

nephropathy
ネフロパシー腎障害 renal damage
腎炎ネフローゼ nephrosis
[show details]




症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡