フェキソフェナジン

出典: meddic

fexofenadine
塩酸フェキソフェナジン fexofenadine hydrochloride
アレグラ
テルフェナジン
  • 第二世代ヒスタミン薬
  • ピペリジン系




Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/02/03 07:19:36」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 花粉症に対する第1世代抗ヒスタミン薬と第2世代抗ヒスタミン薬(フェキソフェナジン)の費用比較分析
  • 坂巻 弘之,小林 慎,後藤 穣
  • 医薬ジャ-ナル 47(1), 117-125, 2011-01
  • NAID 40017656680
  • O5-16 健常人のヒスタミン誘発性皮膚症状及び精神運動機能に対するプロメタジン、フェキソフェナジン及びオロパタジンの単回投与による影響(一般演題 口頭発表,治験・臨床試験,臨床から学び臨床へと還元する医療薬学)
  • 亀井 浩行,伊佐治 亜美,野田 幸裕,石川 和宏,千崎 康司,山田 清文,杉浦 一充,富田 靖,鍋島 俊隆
  • 日本医療薬学会年会講演要旨集 20, 268, 2010-10-25
  • NAID 110008108281

関連リンク

フェキソフェナジン (fexofenadine) とは、アメリカのサノフィ・アベンティスが創製した、 アレルギー性疾患治療剤である。 ... 日本では一錠中に塩酸フェキソフェナジンを30mg 含有するアレグラ錠30mgと60mg含有するアレグラ錠60mgが発売されており、当該 薬剤 ...
アレグラとは?フェキソフェナジンの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べ られる(おくすり110番:薬事典版)

関連画像

フェキソフェナジン塩酸塩DS6 フェキソフェナジン - Fexofenadine1T中 フェキソフェナジン塩酸塩 フェキソフェナジン塩酸塩DS6 通り、フェキソフェナジン フェキソフェナジン塩酸塩錠 フェキソフェナジンフェキソフェナジン塩酸塩錠

添付文書

薬効分類名

  • アレルギー性疾患治療剤

販売名

アレグラ錠30mg

組成

有効成分(1錠中)

  • 日局フェキソフェナジン塩酸塩30mg

添加物

  • 結晶セルロース、部分アルファー化デンプン、クロスカルメロースナトリウム、ステアリン酸マグネシウム、軽質無水ケイ酸、ヒプロメロース、ポビドン、酸化チタン、マクロゴール400、三二酸化鉄、黄色三二酸化鉄

禁忌

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者


効能または効果

  • アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症、アトピー性皮膚炎)に伴うそう痒


  • 通常、成人にはフェキソフェナジン塩酸塩として1回60mgを1日2回経口投与する。
    通常、7歳以上12歳未満の小児にはフェキソフェナジン塩酸塩として1回30mgを1日2回、12歳以上の小児にはフェキソフェナジン塩酸塩として1回60mgを1日2回経口投与する。
    なお、症状により適宜増減する。


  • OD錠は口腔内で崩壊するが、口腔の粘膜から吸収されることはないため、唾液又は水で飲み込むこと。[「9.適用上の注意」の項参照]


重大な副作用

ショック、アナフィラキシー様症状(頻度不明注)

  • ショック、アナフィラキシー様症状があらわれることがあるので、観察を十分に行い、呼吸困難、血圧低下、意識消失、血管浮腫、胸痛、潮紅等の過敏症状があらわれた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

肝機能障害、黄疸(頻度不明注)

  • AST(GOT)、ALT(GPT)、γ‐GTP、Al‐P、LDHの上昇等の肝機能障害、黄疸があらわれることがあるので、観察を十分に行い異常が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行うこと。

無顆粒球症(頻度不明注))、白血球減少(0.2%)、好中球減少(0.1%未満)

  • 無顆粒球症、白血球減少、好中球減少があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。


薬効薬理

  • フェキソフェナジン塩酸塩は、主な作用として選択的ヒスタミンH1受容体拮抗作用を有し、さらに炎症性サイトカイン産生抑制作用、好酸球遊走抑制作用及びケミカルメディエーター遊離抑制作用を有する薬剤である。

ヒスタミンH1受容体拮抗作用29)

  • フェキソフェナジン塩酸塩は、ヒスタミンH1受容体においてヒスタミンと拮抗し、モルモット摘出回腸標本及び気管標本におけるヒスタミン誘発収縮を抑制した(10-7〜3×10-6M)。また、全身投与でモルモット・ヒスタミン誘発気道収縮及び皮膚反応を抑制した。なお、フェキソフェナジン塩酸塩にはアドレナリン、アセチルコリン、セロトニン及びタキキニンの各受容体並びにL型カルシウムチャネルに対する親和性は認められていない。

I型アレルギー病態モデル動物に対する作用29)

  • フェキソフェナジン塩酸塩は、モルモット抗原誘発アレルギー性鼻炎、ラット受身皮膚アナフィラキシー(PCA)反応、ラット抗原誘発全身性アナフィラキシー反応及びモルモット抗原誘発即時型喘息反応を抑制した。

好酸球、炎症性サイトカイン及び細胞接着分子に対する作用30)

  • フェキソフェナジン塩酸塩は、季節性アレルギー性鼻炎患者由来鼻粘膜上皮細胞培養上清により誘発されるヒト好酸球の遊走を10-6M以上で抑制した。また、季節性アレルギー性鼻炎患者由来鼻粘膜上皮細胞を活性化ヒト好酸球とともに培養したときに培養上清中に遊離される炎症性サイトカインであるIL‐8及びGM‐CSFをそれぞれ10-6M以上及び10-9M以上で抑制し、細胞接着分子であるsICAM‐1を10-9M以上で減少させた。

ケミカルメディエーター遊離抑制作用29)

  • フェキソフェナジン塩酸塩は、健康成人の末梢血好塩基球及びアトピー性皮膚炎患者の末梢血白血球からの抗ヒトIgE抗体刺激によるヒスタミン遊離を抑制した(10-6〜10-5M)。また、モルモット抗原誘発即時型喘息モデルにおいて気管支肺胞洗浄液(BALF)中のロイコトリエン量を減少させた。


有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • フェキソフェナジン塩酸塩(Fexofenadine Hydrochloride)

化学名

  • 2‐(4‐{(1RS)‐1‐Hydroxy‐4‐[4‐(hydroxydiphenylmethyl)piperidin‐1‐y1]butyl}phenyl)‐2‐methylpropanoic acid monohydrochloride

分子式

  • C32H39NO4・HCl

分子量

  • 538.12

性 状

  • 本品は白色の結晶性の粉末である。
    本品はメタノールに極めて溶けやすく、エタノール(99.5)にやや溶けやすく、水に溶けにくい。
    本品のメタノール溶液(3→100)は旋光性を示さない。

分配係数

  • 2.0(pH7、水−オクタノール系)


★リンクテーブル★
リンク元テルフェナジン」「スイッチOTC」「ディレグラ配合」「fexofenadine hydrochloride」「fexofenadine
拡張検索塩酸フェキソフェナジン

テルフェナジン」

  [★]

terfenadine
トリルダン, Seldane
抗ヒスタミン薬


  • 第二世代ヒスタミン薬
  • 抗アレルギー薬
  • 抗ヒスタミン薬
  • ピペリジン系

副作用

  • QT延長、心房性不整脈(torsades de pointes)を起こし、心停止を起こしうる
  • テルフェナジンはプロドラッグであり、99.5%がすぐ代謝されフェキソフェナジンとなる
  • 代謝が滞るとテルフェナジンは電位依存性Kチャネルを抑制するので危険。
  • テルフェナジン代謝酵素はCYP3A4で代謝されるので、これを阻害する薬物(CYP3A4と親和性の高い薬物)との併用は危険
  • 服用に注意を要するのはQT延長をおこしやすい人


スイッチOTC」

  [★]


ディレグラ配合」

  [★] フェキソフェナジン塩酸塩(フェキソフェナジン)、塩酸プソイドエフェドリン、(プソイドエフェドリン)

fexofenadine hydrochloride」

  [★]

fexofenadine」

  [★] フェキソフェナジン

塩酸フェキソフェナジン」

  [★] フェキソフェナジン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡