フィブリン膜

出典: meddic

fibrin film

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 自己血由来フィブリン膜・フィブリンゲルの組織学的安定性に関する検討 : 鼓膜形成術における新素材
  • 松田 洋一,栗田 知幸,上田 祥久,伊藤 信輔,中島 格
  • 耳鼻咽喉科臨床 103(1), 71-75, 2010-01-01
  • The simple underlay myringoplasty has evolved, enabling it to be performed more easily and safely. However, this procedure needs fibrin glue that is made from donated blood. Furthermore, a skin incisi …
  • NAID 10026216442
  • 【Vascular Biologyからみた血栓・線溶系】 血管内皮のない移植血管はいかにして抗血栓性を維持するか 内皮脱落代用血管および人工血管の抗血栓性の不思議
  • 笹嶋唯博
  • 分子心血管病 6(1), 53-59, 2005-2
  • … 月で内皮化が完了するが,ヒトではまれであり,その抗血栓性は血流面のフィブリン膜の線溶活性に依存する.すなわちフィブリン膜表面には厚さ数100μmのtPAやplasminogenの豊富な層が形成され,抗血栓性が維持される.高有孔性人工血管はヒトでも良好な仮性内膜を形成する.しかし,その血流面はやはりフィブリン膜が形成されており,同様の線溶活性により抗血栓性,すなわち開存が維持 …
  • NAID 120001143569
  • フィブリン膜を用いたクモ膜形成術
  • 田代 晴彦,森川 篤憲,山中 学,倉石 慶太
  • 脳神経外科ジャーナル 9(11), 775-777, 2000-11-20
  • … 脳神経外科手術後の随液貯留合併症予防に, クモ膜形成の有用性が報告されている.われわれはクモ膜欠損部を, フィブリン糊スプレーにて作成したフィブリン膜を用いて履うクモ膜形成術を考案した.フィブリン膜を周囲クモ膜とフィブリン糊にて接着することで, 人工的クモ膜下腔が容易に形成されるため, 硬膜下水腫をはじめとする術後合併症を防止する有効な手技と考え, 報告した. …
  • NAID 110003813408

関連リンク

フィブリン(fibrin、繊維素または線維素)は血液の凝固に関わるタンパク質である。繊維 状タンパク質で、傷などが原因となって血小板とともに重合し、血球をくるみこんで血餅を 形成する。止血や血栓形成の中心的な役割を担っている。 フィブリンによる血液凝固 ...
この現象を線維素(せんいそ=フィブリン)溶解という意味で、略して「線溶(せんよう)」と 呼んでいます。線溶を行うのは*プラスミンという血液中のタンパク質です。この プラスミンがフィブリンの網目の膜を溶かします。フィブリン膜に囲まれた血小板などは、 白血球 ...

関連画像

線維素性炎(線維素性心外膜炎 二次止血完了 血栓(フィブリン血栓)の除去急性前部ぶどう膜炎 プレチピテート)とフィブリン組織接着剤の仕組み(図解)


★リンクテーブル★
関連記事リン」「フィブリン」「

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





フィブリン」

  [★]

fibrin, Fbn
線維素
フィブリノゲン血液凝固因子


  • トロンビンの作用によりフィブリノゲンより生成したフィブリンモノマーは、重合してフィブリンポリマーとなる (SP.507)
  • フィブリンポリマーは第XIIIa因子(第XIII因子の活性型)の作用により架橋結合を生じて安定なフィブリンを生じる (SP.507)


膜」

  [★]

membrane
メンブランメンブレン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡