フィブリリン

出典: meddic

fibrillinフィブリン fibrin と勘違いするな
ミクロフィブリル 細線維弾性線維


臨床関連

-fibrillin


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • マルファン症候群の胸郭内病変と集学的医療 (特集 結合組織脆弱疾患(weak connective tissue disease)の肺病変)
  • 縄田 寛,師田 哲郎,中島 淳 [他]
  • 日本胸部臨床 70(4), 357-361, 2011-04
  • NAID 40018793177
  • Marfan症候群の薬物治療 (特集 小児疾患における臨床遺伝学の進歩) -- (遺伝子診断がもたらす治療の進歩)

関連リンク

マイクロファイブリルのほうは、おもにフィブリリン fibrillin というタンパク質でできてい ます。フィブリリンタンパク質にはフィブリリン-1とフィブリリン-2というよく似た2つがある ことが分かっています。 フィブリリン-1遺伝子の突然変異で Marfan Syndrome (MFS) が ...
マルファン症候群及び類縁疾患の原因遺伝子の研究からフィブリリン (FBN1)遺伝子と TGFβ2型受容体(TGFBR2)遺伝子が同定され ... フィブリリンは全身の線維組織を構成 する成分で、血管のしなやかさと丈夫さを生み出していると考えられるので、その働きの ...

関連画像

で フィブリリン フィブリリン 図2 ADAMTSL-4はフィブリリン-1の 以前お話した表皮と真皮の記事 線維化を問題にしないなら,E-M  フィブリリンで弾性線維形成新規細胞外マトリックス蛋白質


★リンクテーブル★
先読みフィブリン」「fibrin」「弾性線維
リンク元ミクロフィブリル
関連記事リン

フィブリン」

  [★]

fibrin, Fbn
線維素
フィブリノゲン血液凝固因子


  • トロンビンの作用によりフィブリノゲンより生成したフィブリンモノマーは、重合してフィブリンポリマーとなる (SP.507)
  • フィブリンポリマーは第XIIIa因子(第XIII因子の活性型)の作用により架橋結合を生じて安定なフィブリンを生じる (SP.507)


fibrin」

  [★] フィブリン

WordNet   license wordnet

「a white insoluble fibrous protein formed by the action of thrombin on fibrinogen when blood clots; it forms a network that traps red cells and platelets」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(凝固血液中の)線維素,フィブリン」

弾性線維」

  [★]

elastic fiber, elastic fibers
fibra elastica
弾力線維黄色線維 yellow fiber
オルセイン染色ワイゲルト染色法




ミクロフィブリル」

  [★]

microfibril
骨格線維, 細線維
弾性線維

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡