フィブリノペプチド

出典: meddic

fibrinopeptide, FP
線維素ペプチド



和文文献

  • Aα16Arg→His変異によりフィブリノペプチドA放出に異常を有する2家系の異常フィブリノゲン, Toyama, Adachi の機能解析
  • 分子マーカーの現在(第3回)Plasmin-α2 plasmin inhibitor complex, Fibrinopeptide Bβ1-42, Fibrinopeptide Bβ15-42
  • フィブリノペプチドA(FPA),フィブリノペプチドBβ1-14(FPBβ1-14),フィブリノペプチドBβ15-42(FPBβ15-42) (広範囲 血液・尿化学検査 免疫学的検査(第7版・2)その数値をどう読むか) -- (血液凝固・線溶系検査)

関連リンク

トロンビンは、フィブリノゲンのAα鎖のN末端からフィブリノペプチドA(FPA)を、Bβ鎖のN末端からフィブリノペプチドB(FPB)を切断する。フィブリノゲン1分子から2分子ずつのFPAとFPBが切断されて ...
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 フィブリノペプチドの用語解説 - フィブリノーゲンがフィブリンに変化するにあたって,前者から切取られてくるペプチド断片をフィブリノペプチドという。フィブリノーゲンのα鎖およびβ鎖のN ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元fibrinopeptide」「線維素ペプチド
拡張検索フィブリノペプチドBβ15-42」「フィブリノペプチドBβ1-14

fibrinopeptide」

  [★]

WordNet   license wordnet

「peptide released from the amino end of fibrinogen by the action of thrombin to form fibrin during clotting of the blood」


線維素ペプチド」

  [★]

fibrinopeptide
フィブリノペプチド


フィブリノペプチドBβ15-42」

  [★]

fibrinopeptide Bβ15-42, FPBβ15-42
フィブリノペプチドフィブリノペプチドAフィブリノペプチドBβ1-14


フィブリノペプチドBβ1-14」

  [★]

fibrinopeptide Bβ1-14, FPBβ1-14
フィブリノペプチド




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡