フィブリノゲン定量法

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • トロンビン時間法によるフィブリノゲン定量法の検討(新しいキットの紹介)
  • 小林 柾樹,森田 久,小栗 隆
  • 臨床検査 21(5), p556-558, 1977-05
  • NAID 40003773496

関連リンク

血液を採取して行ないますが、検査には、フィブリノゲンをフィブリンとして測定する方法 と、血漿部分に凝固因子であるトロンビンを加えて、フィブリノゲンが凝固するまでの時間 を測定するトロンビン法の2つが用いられています。前者は、採血に難渋した検体や古い ...
模でのフィブリノゲンサーベイの成績6), 7)を基に. フィブリノゲン測定の標準化と現状 について述. べる。 Ⅱ. 材料と方法. 長期間にわたる広域精度管理の報告資料は日. 本 医師会臨床検査精度管理調査報告書(1996年. から2008年)を用いた5)。配付された2 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事フィブリノゲン」「定量」「」「定量法

フィブリノゲン」

  [★]

fibrinogen, Fbg Fib
凝固第I因子 第I因子 factor Iフィブリノーゲン線維素原
フィブリノゲンHT
フィブリン血液凝固因子血液凝固
  • トロンビンより分解を受け、フィブリンモノマーを生じる。
  • 肝臓で産生さて、血漿中に存在
  • 340kDa
  • 血中半減期:3-4日

機能

分解されるまでの過程

  • フィブリンやフィブリノゲンはプラスミンにより分解されフィブリン/フィブリノゲン分解産物(FDP)となり、網内系で処理される。

フィブリノゲンの量に影響を与える要素

減少

  • 産生の低下
  • 出血に対する止血による消費
  • プラスミンによる分解な

増加

  • (急性相反応性物質)炎症(感染症など)、悪性腫瘍
  • 妊娠

フィブリノゲンの解釈

低値

  • 先天性疾患(先天性の低フィブリノゲン血症、フィブリノゲン異常症、無フィブリノゲン血症)
  • 後天性疾患(重症肝臓疾患:産生低下、播種性血管内凝固(DIC):消費亢進)

高値

  • 妊娠?



定量」

  [★]

determinationquantitative determinationdetermineassay
アッセイ決定検定検定法、試験法、測定測定法判定分析特定確定アッセイ法


法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


定量法」

  [★]

-metry
測定法分析法




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡