フィブラート系薬物

出典: meddic

フィブラート系リポ蛋白代謝改善薬
フィブラート

概念

  • Fibrates such as clofibrate and gemfibrozil act mainly to lower plasma triacylglycerols by decreasing the secretion of triacylglycerol and cholesterol-containing VLDL by the liver. In addition, they stimulate hydrolysis of VLDL triacylglycerols by lipoprotein lipase. (harper)

薬理作用

作用機序

  • RRARαに作用してこれを活性化、脂肪酸の分解を亢進する

フィブラート系薬物


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 7.フィブラート系薬物による肝脂肪酸ω酸化誘導とその臨床応用への可能性(金沢医科大学医学会記録, 第30回医学会総会, 第40回学術集会)
  • 尾〓 一晶,堤 幹宏,高瀬 修二郎,Lasker Jerome M.,Raucy Judy L.
  • 金沢医科大学雑誌 29(2), 122-123, 2004-08-00
  • NAID 110004617789

関連リンク

高脂血症 フィブラート系薬剤 中性脂肪を下げるのに威力を 発揮する フィブラート系薬剤は、肝臓でコレステロールや中性脂肪が 合成されるのを抑制したり、LDLが肝臓に取り込まれるのを 促進して、血液中のコレスロールや中性脂肪 ...
既に「日経メディカル Online」にご登録済みの方はログインへ 臨床医のための情報サイト「日経メディカル Online」は会員登録制(無料)です。ご登録いただくと、記事全文をお読みいただけます。 山本雄一郎の「薬局に ...
KW:副作用・横紋筋融解症・フィブラート系薬・HMG-CoA還元酵素阻害薬・pravastatin・atorvastatin・fluvastatin・simvastatin・pitavastatin A:HMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン)に起因する横紋筋融解症の発現について、次の報告が見られる。

関連画像

フィブラート系薬剤による  の使用禁忌と薬物相互作用閑話休題】 本ページの先頭 役に立つ薬の情報~専門薬学 閑話休題】 本ページの先頭  フィブラート系薬剤による


★リンクテーブル★
リンク元クロフィブリド」「クロフィブラート
関連記事フィブラート」「ブラ」「薬物」「系薬物

クロフィブリド」

  [★]

clofibride
高脂血症治療薬
  • フィブラート系薬物
  • 販売されていない。


参考

  • 1.
[display]http://www.genome.jp/dbget-bin/www_bget?dr_ja%3AD07188


クロフィブラート」

  [★]

clofibrate, clofibric acid
デリバビノグラック
フィブラート系薬物高脂血症治療薬



フィブラート」

  [★]

fibrate
フィブラート系薬物高脂血症治療薬
  • fibric acidの誘導体(fibric acid derivatves)
  • PPAR activators
  • HDL↑、LDL↓
  • peroxisome proliferator activated receptor(PPAR)を介して薬理作用を発現←転写因子
  • PPARα:肝臓、褐色脂肪細胞で発現。腎臓、心臓、骨格筋でやや発現 (GOO.957)
作用:(1)脂肪酸酸化、LPL合成↑、apoC-III↓ (GOO.957)
apoC-IIIは肝臓分解やレセプターを介した(LDLなどの)取り込みのinhibitorとして機能 (GOO.957)
HDL-Cの増加はapoA-IとApoA-IIの発現を刺激することによる (GOO.957)

フィブラート系薬物


ブラ」

  [★]

bulla, pulmonary bulla
気腫性嚢胞 emphysematous bulla
ブレブ
  • 図:SPU.135
  • ブラ bulla 気腫性嚢胞 肺胞が破壊されてできた肺実質内の気腔
  • 肺胞壁の破壊、融合、拡張により生じた気腫 ただし胸膜の弾性板の内側に留まっている


薬物」

  [★]

drug, medication, medicament
薬物中毒薬物依存薬物濫用
処方ドラッグ麻薬薬剤薬剤負荷薬物療法薬物適用薬品


系薬物」

  [★]

derivative
派生的誘導体類縁体派生物




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡