フィチン酸

出典: meddic

phytic acid
イノシトール


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/07/19 13:05:57」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • イオンクロマトグラフィーによるフィチン酸の定量 (日本工業用水協会会誌「工業用水」 論文集 : 水質試験方法特集-'13)
  • 釜谷 美則,水野 喜允
  • 工業用水 = Industrial water (621), 65-69, 2013-11
  • NAID 40019868691
  • リン酸資源の枯渇に対応したリン栄養研究 : 6. 低フィチン穀類の開発とその利用
  • 上田 晃弘,実岡 寛文
  • 日本土壌肥料學雜誌 84(2), 118-124, 2013-04-05
  • NAID 110009766636
  • 登熟種子の金属蓄積に果たすリン貯蔵物質フィチン酸の役割
  • 吉田 薫
  • バイオサイエンスとインダストリー 71(3), 215-219, 2013
  • NAID 40019735743

関連リンク

フィチン酸の成分情報です。フィチン酸とは?フィチン酸の働きや効果・効能などフィチン酸に関する情報を詳しくご紹介します。わかさの秘密はわかさ生活が提供する成分情報サイトです。
JUGEMテーマ:マクロビオティック 本日の1dayお料理教室は6名。楽しく基礎の講座を終わりました。その時ど忘れてしてしまった フィチン酸。せっかくなのでブログでも解説させてくださいね。「玄米に含まれているフィチン酸は ...
17時間 以内にご注文いただくと、 2014/4/28 月曜日 までにお届けします。 2点在庫あり。ご注文はお早めに。 通常配送無料 商品の仕様... 花エキス、スイカズラ花エキス、PCA-Mg 、PCAマンガン、メボウキ花/葉エキス、PCA-Na、フィチン酸 ...

関連画像

図1 フィチン酸 フィチン酸お・各種フィチン フィチン酸は食事や  なフィチン酸誘導体の製造方法定義フィチン酸とは…

添付文書

薬効分類名

  • 放射性医薬品

販売名

テクネフチン酸キット

組成

  • 1バイアル中フィチン酸ナトリウム 2.9mg

添加物

  • 塩化スズ(II)二水和物 0.5mg、塩酸 適量、水酸化ナトリウム 適量

効能または効果

  • 肝脾シンチグラムによる肝脾疾患の診断

次の疾患におけるセンチネルリンパ節の同定及びリンパシンチグラフィ

  • 乳癌、悪性黒色腫
  • フィチン酸テクネチウム(99mTc)注射液を用いたセンチネルリンパ節生検は、本検査法に十分な知識と経験を有する医師のもとで、実施が適切と判断される症例において実施すること。なお、症例の選択にあたっては、最新の関連ガイドライン等を参照し、適応となる腫瘍径や部位等について十分な検討を行うこと。

フィチン酸テクネチウム(99mTc)注射液の調製

  • 本品に放薬基「過テクネチウム酸ナトリウム(99mTc)注射液」2〜8mLを加え、よく振り混ぜてフィチン酸テクネチウム(99mTc)注射液を得る。

肝脾シンチグラムによる肝脾疾患の診断

  • 得られたフィチン酸テクネチウム(99mTc)注射液の18.5〜111MBqを静注し、20〜30分後に適当な位置に患者を固定し、シンチスキャナーあるいはシンチカメラでシンチグラムをとる。
    なお、年齢・体重により適宜増減する。

センチネルリンパ節の同定及びリンパシンチグラフィ

  • 通常、成人には得られたフィチン酸テクネチウム(99mTc)注射液の18.5〜111MBqを、腫瘍近傍(皮下又は皮内)に適宜分割して投与し、2時間以降にガンマ線検出用のプローブで被検部を走査することにより、センチネルリンパ節を同定する。また、必要に応じガンマカメラで被検部を撮像することによりリンパシンチグラムをとる。なお、投与から検査実施までの時間等により適宜増減する。
  • センチネルリンパ節の同定においては、可能な限りフィチン酸テクネチウム(99mTc)注射液と色素法を併用することが望ましい。色素法との併用を行う際には、併用する薬剤の添付文書を参照した上で使用すること。

有効成分に関する理化学的知見

99mTcの核物理学的特性

物理的半減期

  • 6.015時間

主なγ線エネルギー

  • 141keV(89.1%)

減衰表


★リンクテーブル★
先読みイノシトール
リンク元phytic acid」「イノシトール六リン酸」「phytate
関連記事

イノシトール」

  [★]

inositol, Ino
イノシット inositeヘキサヒドロキシシクロヘキサン hexahydroxycyclohexane
  • イノシトール (inositol) はシクロヘキサンの各炭素上の水素原子がひとつずつヒドロキシ基に置き換わった構造(1,2,3,4,5,6-シクロヘキサンヘキサオール)を持つ、シクリトールの一種である。組成式は C6H12O6、分子量は 180.16。甘味を持つ。
  • 無色の結晶であり、生体成分として広く存在し、生体内でグルコースより生合成される。
  • 6個のヒドロキシ基がすべてリン酸化されたのがフィチン酸であり、植物組織内でリン酸の貯蔵形態として存在する。

参考

  • 1. wiki ja
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%8E%E3%82%B7%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB


phytic acid」

  [★]

フィチン酸

inositol hexakisphosphateinositol hexaphosphatephytate
inositol hexaphosphate

イノシトール六リン酸」

  [★]

inositol hexakisphosphateinositol hexaphosphate
フィチン酸イノシトール6リン酸

phytate」

  [★]

  • フィチン酸
inositol hexakisphosphateinositol hexaphosphatephytic acid

酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡