ファブリキウス嚢

出典: meddic



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/11/16 11:03:40」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 鶏の健康・ワクチンの基礎(3)伝染性ファブリキウス嚢病生ワクチン
  • 伝染性ファブリキウス嚢病と生ワクチンについて
  • 伝染性ファブリキウス嚢病ウイルスによるファブリキウス嚢の間質炎症性水腫を伴うリンパ濾胞壊死

関連リンク

1.原因 伝染性ファブリキウス嚢病ウイルス(IBDV)は、ビルナウイルス科(Birnaviridae)、アビビルナウイルス属(avibirnavirus)に属する。ゲノムは2本鎖RNA、サイズは3.3 Kbと2.9Kb。外被をもたない正二十面体で、約60nmの粒子。
鶏 特徴 伝染性ファブリキウス嚢(のう)病は、伝染性ファブリキウス嚢病ウイルスの感染による鶏の届出伝染病で、ウイルスは主にファブリキウス嚢(F嚢)を中心としたリンパ器官に感染して、炎症や壊死を起こす。F嚢は総排泄腔 ...

関連画像

 91株感染鶏のファブリキウス嚢眼柄 ファブリキウス 嚢 陰核 図2 ファブリキウス嚢における  _伝染性ファブリキウス嚢病01平成15年度 認定試験 各論A鶏の伝染性ファブリキウス嚢病

添付文書

薬効分類名

  • アレルゲン検査薬

販売名

アレルゲンスクラッチエキス「トリイ」卵黄

効能または効果

診断

  • アレルギー性疾患のアレルゲンの確認
  • 用法及び用量
    診断
    通常乱刺または切皮法により皮膚面に出血しない程度に傷をつけ、本品1滴を滴下し、15〜30分後に膨疹径が対照の2倍以上または5mm以上を陽性とする。

重大な副作用

ショック、アナフィラキシー

(頻度不明)

  • ショック、アナフィラキシーを起こすことがあるので、観察を十分に行い、くしゃみ、蕁麻疹、血管浮腫、不快感、口内異常感、喘鳴、耳鳴等の異常があらわれた場合には、直ちに適切な処置を行うこと。


★リンクテーブル★
拡張検索伝染性ファブリキウス嚢病ウイルス
関連記事

伝染性ファブリキウス嚢病ウイルス」

  [★]

infectious bursal disease virusIBDV

嚢」

  [★]

滑液包ブルサポーチ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡