ファブリキウス

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 伝染性ファブリキウス嚢病ウイルスによるファブリキウス嚢の間質炎症性水腫を伴うリンパ濾胞壊死
  • もう一度、鶏の病気をみてみよう(第2回)ファブリキウス嚢の萎縮は防げるか

関連リンク

ファブリキウス囊(英: bursa of Fabricius)とは造血を営む鳥類に特有の器官。 Bruce Glickによって初めて証明され、後にMax CooperとRobert Goodにより鳥類におけるB 細胞の成熟に必要であることが証明された。哺乳類では通常は相同器官はなく、骨髄で ...

関連画像

図2 ファブリキウス嚢における 鶏は尻(ファブリキウス嚢→bursa  91株感染鶏のファブリキウス嚢ガブリエレ・ファロッピオ伝染性ファブリキウス嚢病 鶏の伝染性ファブリキウス嚢病

添付文書

薬効分類名

  • アレルゲン検査薬

販売名

アレルゲンスクラッチエキス「トリイ」卵黄

効能または効果

診断

  • アレルギー性疾患のアレルゲンの確認
  • 用法及び用量
    診断
    通常乱刺または切皮法により皮膚面に出血しない程度に傷をつけ、本品1滴を滴下し、15〜30分後に膨疹径が対照の2倍以上または5mm以上を陽性とする。

重大な副作用

ショック、アナフィラキシー

(頻度不明)

  • ショック、アナフィラキシーを起こすことがあるので、観察を十分に行い、くしゃみ、蕁麻疹、血管浮腫、不快感、口内異常感、喘鳴、耳鳴等の異常があらわれた場合には、直ちに適切な処置を行うこと。


★リンクテーブル★
拡張検索伝染性ファブリキウス嚢病ウイルス

伝染性ファブリキウス嚢病ウイルス」

  [★]

infectious bursal disease virusIBDV



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡