ピロガロール

出典: meddic

pyrogallol

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/12/18 08:19:02」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 抗酸化物質のスーパーオキシド消去能とガルビノキシル法またはDPPH法で測定した抗酸化能との相関
  • 戸早 裕美子,落合 爲一
  • 日本食品化学学会誌 20(1), 61-65, 2013-04-22
  • 11種の抗酸化物質(AH)のスーパーオキシドアニオンの消去能を求め、それ等とDPPHおよびガルビノキシルラジカルに対する反応性とを比較した。スーパーオキシドアニオンはキサンチン/キサンチンオキシダーゼ系で発生させた。スーパーオキシドアニオンのプローブとして4-[3-(4-ヨードフェニル)-2-(4-ニトロフェニル)-2H-5-テトラゾリオ]-1,3-ベンゼンジスルホン酸ナトリウム塩(WST-1)を …
  • NAID 110009603498
  • メチル化テアフラビン類の酵素的生成とその抗酸化活性
  • 石山 絹子,西村 粛見,出口 みゆき [他],寺坂 枝里子,宮瀬 敏男,佐野 満昭
  • 日本食品科学工学会誌 60(7), 339-346, 2013
  • 本研究では,ゴボウPPOを用い,ピロガロール型カテキン(EGCG3"Me) とカテコール型カテキン(EC,ECG) と反応させることで,2種のメチル化テアフラビン類TF3MeG,TF3MeG3'Gを得た.これらはそれぞれに対応する非メチル化体であるTF3G,TF33'diGと同様にゴボウPPO反応過程で生成後,反応時間とともに減少することから,さらなる酸化生成物へと変化することが示唆された.また, …
  • NAID 130003368014
  • 茶カテキン腸内細菌代謝産物1,3-ジフェニルプロパン-2-オール類とピロガロールの日本産後発酵茶からの分離と定量
  • 田中 隆,永井 沙知,四位 拓也 [他],松尾 洋介,河野 功
  • 日本食品化学学会誌 18(1), 6-11, 2011-04-26
  • Two phenolic compounds identical to the tea catechin metabolites produced by mammalian intestinal bacteria were isolated from a post-fermented tea produced in Japan. The compounds were determined as ( …
  • NAID 110008661321

関連リンク

世界大百科事典 第2版 ピロガロールの用語解説 - 1,2,3‐トリヒドロキシベンゼンにあたる。焦性没食子酸ともいう。白色結晶,融点131~133 ,沸点309 。ゆっくり加熱すると昇華する。水,アルコール,エーテルによく溶けるが,ベンゼン ...
春分の日。太陽が天の赤道を横切る日。米沢ではその3月20日に卒業式を迎えます。まだ雪が多く残る中、まだ足元も悪いのでコートなどの防寒着を準備して参列される方が良いかもしれません。ご卒業おめでとうございます。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元pyrogallol

pyrogallol」

  [★]

ピロガロール

WordNet   license wordnet

「a toxic white lustrous crystalline phenol used to treat certain skin diseases and as a photographic developer」
pyrogallic acid




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡