ピレトリン

出典: meddic

pyrethrin
ピレスロイドピレスリン

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/06/28 16:13:02」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 殺虫剤(アース製薬、大日本除虫菊、フマキラー) 蚊もゴキブリも一撃必殺
  • 日経ビジネス (1696), 90-93, 2013-06-24
  • … 除虫菊に含まれている天然殺虫成分「ピレトリン」と接触すると、経皮で蚊の体内にピレトリンが入る。 … ごく微量であっても、ピレトリンは瞬時に蚊の神経に刺激を与える。 …
  • NAID 40019667941
  • 天然ピレトリン含有 砂粒剤--「アリデス」の開発
  • 除虫菊葉におけるピレトリン類の生成・挙動に関する研究
  • 上野 忠平,小池 志乃武,中山 幸治 [他],勝田 純郎
  • 環動昆 17(1), 17-22, 2006-05-30
  • … 除虫菊葉に含まれるピレトリン類を定性的に分析し,その殺虫効力を調べるとともに,ピレトリン含量の季節的変動を調査した.その結果,除虫菊葉に含まれるピレトリン類は,イエバエに対して花から抽出された除虫菊エキスとほぼ同等の優れた殺虫効力を示した.また,除虫菊葉に含まれるピレトリンIの含量は,ピレトリンIIに比べて季節的に大 …
  • NAID 110004813174

関連リンク

ピレトリンの誘導体は合成ピレスロイドと呼ばれ、アレスリンなどが知られている。 ピレスロイド類は昆虫類・両生類・爬虫類の神経細胞上の受容体に作用し、Na+ チャネルを持続的に開くことにより脱分極を生じさせる神経毒である。哺乳類・鳥類の 受容体に対する ...
世界大百科事典 第2版 ピレトリンの用語解説 - ジョチュウギク(シロバナムシヨケギク) の花に含まれる天然殺虫性物質で,原産地である中央アジア,カフカス地方で,19世紀 に入りその乾燥花が殺虫剤として用いられ始めた。現在では,アフリカのケニア, ...

関連画像

ハエ、蚊、ゴキブリ、蛾、ダニ 沖縄県内初のオリーブオイル ピレトリン木部用天然ピレトリンMC「SES」 防除剤 天然ピレトリンピレトリン


★リンクテーブル★
リンク元pyrethrin」「ピレスロイド」「ピレスリン
関連記事リン」「トリ

pyrethrin」

  [★]

ピレトリンピレスリン

pyrethroid

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「ピレトリン(除虫菊から抽出した殺虫剤)」


ピレスロイド」

  [★]

pyrethroid
ピレトリン


ピレスリン」

  [★]

pyrethrin
ピレトリン


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






トリ」

  [★]

birdavian
鳥類




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡