ピルビン酸デカルボキシラーゼ

出典: meddic

pyruvate decarboxylase, pyruvic decarboxylase
ピルビン酸脱炭酸酵素
ピルビン酸ビタミンB1
[show details]



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Rhizoctonia solaniのインドールピルビン酸デカルボキシラーゼの精製
  • 古川 聡子,古賀 仁一郎,足立 尭,庄野 邦彦
  • 日本植物学会大会研究発表記録 = Proceedings of the annual meeting of the Botanical Society of Japan 60, 274, 1996-10
  • NAID 10002800236
  • 8-1 ダイズ根粒菌Bradyrhizobium elkaniiのインドールピルビン酸デカルボキシラーゼ(8.共生)
  • 福原 英之,下山 由紀子,南沢 究
  • 日本土壌肥料学会講演要旨集 (41), 62, 1995-03-25
  • NAID 110001768550
  • 6-8 ダイズ根粒菌Bradyrhizobium elkaniiのインドール酢酸生合成系 : インドールピルビン酸デカルボキシラーゼの活性の検出とそのクローニング(6.植物の代謝および代謝成分)
  • 舘野 栄司,小川 健一郎,福原 英之,朝山 宗彦,古賀 仁一郎,足立 尭,南沢 究
  • 日本土壌肥料学会講演要旨集 (40), 98, 1994-03-20
  • NAID 110001761841

関連リンク

栄養・生化学辞典 ピルビン酸デカルボキシラーゼの用語解説 - [EC4.1.1.1].ピルビン酸を脱炭酸してアセトアルデヒドと二酸化炭素を生成する反応を触媒する酵素.チアミン二リン酸を補酵素とする.
科学技術用語「ピルビン酸デカルボキシラーゼ」の詳細情報です。J-GLOBAL 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しいサービスです。またJST内外 ...
【発明の詳細な説明】 【技術分野】 【0001】 本願は、米国特許仮出願第60/288,638号「組換えBacillus megateriumにおける活性Sarcina ventriculiピルビン酸デカルボキシラーゼの高収率産生」、同第60/288,671号「耐酸性嫌気性 ...

関連画像

 ・ペントースリン酸回路ヒドロキシピルビン酸 - Wikipediaピルビン酸の代わりに、1 ピルビン酸デカルボキシラーゼ 反応に補酵素(NADH 2 + )がBNLS注射 目もと・二重|あつぎ 東北大学大学院歯学研究科


★リンクテーブル★
リンク元ビタミンB1」「カルボキシラーゼ」「pyruvate decarboxylase」「ピルビン酸脱炭酸酵素」「pyruvic decarboxylase
関連記事ピルビン酸」「」「ピル」「デカルボキシラーゼ」「ビン

ビタミンB1」

  [★]

vitamine B1
チアミン thiamine塩酸チアミン thiamine hydrochlorideビタミンB1塩酸塩アノイリン aneurine
アミグランドパレセーフビーフリード
ビタミンチアミン二リン酸 thiamine pyrophosphate チアミンピロリン酸 TPP


  • 水溶性ビタミン

機能

  • 補酵素
  • 2. TCA回路の反応
  • 5. 酵母などではアルコール発酵を行うピルビン酸デカルボキシラーゼ(ピルビン酸からCO2を除去してアセトアルデヒドを産生)の補酵素として重要

臨床関連



カルボキシラーゼ」

  [★]

carboxylase
カルボキシ基転移酵素
脱炭酸酵素 デカルボキシラーゼ decarboxylase


  • 基質(有機化合物(糖、アミノ酸)にCO2を付与したり除去したりする酵素
  • カルボキシラーゼとデカルボキシラーゼの区別はどの反応に着目したかによる?

デカルボキシラーゼ

  • カルボン酸のカルボキシ基(-COOH)を炭酸として遊離させる。
  • ex.


pyruvate decarboxylase」

  [★] ピルビン酸脱炭酸酵素ピルビン酸デカルボキシラーゼ


ピルビン酸脱炭酸酵素」

  [★] ピルビン酸デカルボキシラーゼ


pyruvic decarboxylase」

  [★] ピルビン酸デカルボキシラーゼ

ピルビン酸」

  [★]

pyruvate, pyruvic acid, 2-oxopropanic acid, α-ketopropionic acid
焦性ブドウ酸 pyroracemic acid
解糖系
CH3-CO-COOH

ピルビン酸の生合成反応

CH2-C(OPO32-)-COOH + ADP + H+ -(ピルビン酸キナーゼ)→  CH3-CO-COO- + ATP

反応

  CH3-CO-COO- + ATP + CO2 -→ HOOC-CO-CH2-COOH + Pi
  • 5. アセトアルデヒド産生


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

ピル」

  [★]

pill
丸剤経口避妊薬丸薬



デカルボキシラーゼ」

  [★]

decarboxylase
脱炭酸酵素


ビン」

  [★]

bottle
ビンづめ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3