ピリン疹

出典: meddic

antipyrine exanthema
ピリン系解熱鎮痛薬

和文文献

  • 慢性涙嚢炎の涙洗後,涙嚢部壊死かと驚ろかされたピリン疹に就て
  • 特異性の強いアミノピリン疹の一例
  • 「アンチピリン疹」ニ就テ

関連リンク

昔は固定薬疹の多くはピリン系薬剤、サルファ剤、バルビツール酸系薬剤が原因で、 固定 薬疹をピリン疹と呼称することもあった。 しかしこれらの薬剤の使用減少とともに、原因 薬剤も変遷し、最近ではメフェナム酸 やテトラサイクリンなどが原因の固定薬疹が増加し ...
ところで、一度ピリン疹がでた人は今後もピリン系の薬に反応する可能性が非常に高く なります。しかも2度目の反応は発疹にとどまらず、もっと重くなることがあります。だから ピリン疹の既往歴がある人は、病院で薬を処方されたり、薬局に風邪薬や鎮痛剤を買い ...

関連画像

名無し さん 涙 目 です ピリン系 解熱 鎮痛 薬薬疹 の 衝撃 写真


★リンクテーブル★
リンク元ピリン系解熱鎮痛薬
関連記事リン

ピリン系解熱鎮痛薬」

  [★]

pyrazolone derivative analgesic-antipyretic
ピリン系化合物ピリンショック、ピリン過敏症、ピリン疹


ピリン系解熱鎮痛薬

ピリン系解熱鎮痛薬の位置づけ

非NSAIDs 酸性 ピラゾロン系(ピリン系 スルピリン sulpyrine
アニリン(非ピリン系) アセトアミノフェン acetaminophen
パラセタモール paracetamol

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡