ピラゾロン誘導体

出典: meddic

pyrazolone derivative, pyrazolone derivatives


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2017/02/05 11:15:31」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • ゼラチンの物理と化学  HPLCによるゼラチン中の還元糖の測定 (II)  3‐メチル‐1‐フェニル‐5‐ピラゾロンによる修飾:3-メチル-1-フェニル-5-ピラゾロンによる修飾
  • 231 ハロゲン化銀写真感光材料に使用するピラゾロン誘導体による職業性喘息
  • 写真用有機化合物の進歩 カプラーの反応性を予測する分子軌道パラメータの検討

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事誘導」「ピラゾロン」「誘導体」「」「ゾロ

誘導」

  [★]

inductionguidancederivationinduceinductive
ガイダンス指導導入引き起こす誘起誘導性誘導的誘発帰納的帰納法溶原菌


ピラゾロン」

  [★]

pyrazolone

参考

  • wikipedia

[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%A9%E3%82%BE%E3%83%AD%E3%83%B3
[display]http://en.wikipedia.org/wiki/Pyrazolone


誘導体」

  [★]

derivativeanalogderivate
アナログ系薬物派生的類縁体類似体類似物派生物類似化合物


体」

  [★]

body
corpuscorpora
肉体身体本体コーパスボディー


ゾロ」

  [★]

me-too drug
ゾロ品後発医薬品




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡