ピラゾロン

出典: meddic

pyrazolone

参考

  • wikipedia

[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%A9%E3%82%BE%E3%83%AD%E3%83%B3
[display]http://en.wikipedia.org/wiki/Pyrazolone


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/02/13 01:28:05」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 生あん中のシアン化合物分析法の性能評価と生あん中のシアン化合物の実態調査
  • 堤 智昭,石井 利華,松田 りえ子
  • 食品衛生学雑誌 54(4), 345-350, 2013
  • … 生あん中のシアン化合物の規格への適合を判定する試験法として,水蒸気蒸留—ピリジンカルボン酸・ピラゾロン法を検討した.生あんでは豆に含まれていたシアン配糖体分解酵素が失活している恐れがあるため,本法ではリナマラーゼによるシアン配糖体分解操作を加えた.シアン化物イオンとして5 mg/kgおよび10 mg/kgに相当するシアン配糖体(リナマリン)を生あん2種に添加した分析結果から推定された真度は8 …
  • NAID 130003369313
  • 温泉水中遊離残留塩素の自動分析
  • 田中 榮次,安達 史恵,高木 総吉[他]
  • 大阪府立公衆衛生研究所研究報告=Bulletin of Osaka Prefectural Institute of Pubkic Health 49, 53-60, 2011-10
  • NAID 110009442430
  • 豆類中のシアン化合物分析法の性能評価と豆類中のシアン化合物の実態調査
  • 堤 智昭,石井 利華,高附 巧 [他],松田 りえ子
  • 食品衛生学雑誌 52(6), 370-375, 2011
  • … 水蒸気蒸留—ピリジンカルボン酸・ピラゾロン法によるシアン化合物分析法の性能評価を行った.分析の目的は,豆類中のシアン化合物の規格への適合判定とした.水蒸気蒸留液のpH調整が真度に影響することを見いだし,最適なpHを6付近と設定した.シアン化物イオンの定量下限の目標値を5 mg/kgとし,定量下限濃度およびその2倍濃度を5種類の豆に添加して性能評価を行った.真度は78~90%,室内精度はRSD 1.7~6.0% …
  • NAID 130002109397

関連リンク

世界大百科事典 第2版 ピラゾロン誘導体の用語解説 - また,視床下部にある体温調節中枢に作用してその異常興奮を抑制し,発熱時の体温を下降させるため,解熱性鎮痛薬とよばれる。解熱性鎮痛薬には,(1)サリチル酸誘導体 ...
ChemicalBook あなたのために3-メチル-1-フェニル-5-ピラゾロン(89-25-8)の化学的性質を提供して、融点、価格、蒸気圧、沸点、毒性、比重、沸点、密度、分子式、分子量、物理的な性質、毒性 税関のコードなどの情報、同時にあなたは更 ...
家庭医学館 ピラゾロン系薬中毒の用語解説 - ピラゾロン系薬には、フェニルブタゾン、アンチピリン、スルピリンなどがあります。 鎮痛作用が強力で、ふつうの痛み止めでは効かない痛み、たとえば、関節リウマチ(「関節リウマチ ...

関連画像

ピラゾロン系製剤 三笠製薬 ピラゾロン ピラゾロン 誘導体 の 代表的2007.10.23 掲載)トロンボポエチン摸倣物の画像 ピラゾロン 誘導体 の 一種


★リンクテーブル★
リンク元紅皮症
拡張検索ピラゾロン誘導体」「ピラゾロン系剤中毒
関連記事ゾロ

紅皮症」

  [★]

erythroderma
剥脱性皮膚炎 exfoliative dermatitis

定義

  • (1)全身(体表の80%以上)の持続性の炎症性発赤(潮紅)し、健常部皮膚を殆ど残さず、(2)粃糠様・落葉状の落屑が持続する病態

原因

起こしやすい疾患 (2009 CBT QB2 p.116)

(%)は紅皮症に占める割合
湿疹続発性(約50%) アトピー性皮膚炎自家感作性皮膚炎など
各種疾患続発性 乾癬(数%)、毛孔性紅色粃糠疹天疱瘡など
中毒性 薬疹(約10%)(ピラゾロンINHSMなど)、ウイルスなどの感染症、GVHD
落屑性 ビタミンB群欠乏症
腫瘍性 T細胞リンパ腫(Sezary症候群菌状息肉腫)

起こしうる疾患 (NDE.122)



ピラゾロン誘導体」

  [★]

pyrazolone derivative, pyrazolone derivatives


ピラゾロン系剤中毒」

  [★]

pyrazolone poisoning


ゾロ」

  [★]

me-too drug
ゾロ品後発医薬品




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡