ピペラシリン-タゾバクタム

出典: meddic

piperacillin-tazobactam
ゾシン Zosyn
piperacillin-tazobactamピペラシリン piperacillin タゾバクタム tazobactam


参考

[display]http://www.weblio.jp/content/%E3%83%94%E3%83%9A%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%B3%E2%80%90%E3%82%BF%E3%82%BE%E3%83%90%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%A0
[display]http://www.labo-tech.co.jp/iyakuhin/koukinyaku_binran/num09/nm09_06.html

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

関連リンク

2. 日本における発売年 2001(平成13)年 3. 特長 合成ペニシリンであるピペラシリンと新規β-ラクタマーゼ阻害剤タゾバクタムの配合剤である。 各種β-ラクタマーゼ産生菌に対するin vitro抗菌力はピペラシリンより強く、β-ラクタマーゼ ...
ⅩⅢ.併用注意 プロベネシド: タゾバクタム及びピペラシリンの半減期が延長することがある。 メトトレキサート: メトトレキサートの排泄が遅延し、メトトレキサートの毒性作用が増強される可能性がある。血中濃度モニタリング ...
注射用ピペラシリンNa1g「日医工」 【日医工】 ピペラシリンナトリウム注射用1g「マルコ」/ピペラシリンナトリウム注射用2g「マルコ」 【日医工, 日医工ファーマ】 2. 日本における発売年 1980(昭和55)年 3. 特長 肺炎球菌、腸球菌 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みpiperacillin」「ゾシン
リンク元抗緑膿菌ペニシリン」「Zosyn」「piperacillin-tazobactam
関連記事リン」「ピペラシリン」「タゾバクタム」「バクタ

piperacillin」

  [★] ピペラシリン

WordNet   license wordnet

「a synthetic type of penicillin antibiotic (trade name Pipracil) used for moderate to severe infections」
Pipracil


ゾシン」

  [★] タゾバクタムナトリウム(タゾバクタム)、ピペラシリンナトリウム(ピペラシリン)


抗緑膿菌ペニシリン」

  [★]

antipseudomonal penicillins
緑膿菌ペニシリン系抗菌薬



Zosyn」

  [★] ピペラシリン-タゾバクタム

piperacillin-tazobactam」

  [★] ピペラシリン-タゾバクタム

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





ピペラシリン」

  [★]

piperacillin, PIPC
piperacillinum
ピペラシリン水和物 piperacillin hydrateピペラシリンナトリウム piperacillin sodium
ピシリアントピペユンシンプランジンタイペラシリンピペラシリンナトリウムペントシリンペンマリンPipracil、(タゾバクタムピペラシリン)ゾシン
抗菌薬ピペラシリン-タゾバクタム


特徴

  • 第三世代セフェムに匹敵する抗菌薬
  • グラム陰性菌に対しても使える。
  • 緑膿菌にも効く


タゾバクタム」

  [★]

tazobactam
タゾバクタムナトリウム tazobactam sodium
ゾシン
ピペラシリン-タゾバクタムペニシリナーゼセファロスポリナーゼ、オキシイミノセファロスポリナーゼ

参考

[display]http://www.labo-tech.co.jp/iyakuhin/koukinyaku_binran/num09/nm09_06.html


バクタ」

  [★]

ST合剤

スルファメトキサゾールトリメトプリムの合剤

  • 添付文書
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/6290100D1088_1_01/6290100D1088_1_01?view=body





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡