ピバンピシリン

出典: meddic

pivampicillin

和文文献

  • ラット血清カルボキシルエステラ-ゼによるピバンピシリンの活性化(実験ノ-ト)
  • 川原 幸則,稲毛 明子
  • 三共研究所年報 (26), p140-143, 1974-12
  • NAID 40001473994

関連リンク

検索語: 検索語句 を含む で始まる で終わる に一致する 検索結果を最大 100 200 400 件表示 ... ピバンピシリン (Pivampicillin) を Google Scholar, Entrez, Google, Wikipedia で検索 同義語(異表記): ・Ampicillin Pivaloyl Ester
-ピバンピシリン なぜあなたはこのレポートを購入する必要が -通知あなたのビジネスの意思決定-プレゼンテーション資料やマーケティング資料に重量を追加する-時間のエントリレベルの研究を行って保存 ハイライト 6 - APAは重要な中間体 ...

関連画像

d08396 drug ピバンピシリン


★リンクテーブル★
関連記事リン

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3








★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡