ピオメラニン

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 二症例より分離された多剤耐性緑膿菌に関する細菌学的検討
  • 本田 雅久,関 洋之,麻生 啓子,田邊 忠夫,荒谷 清,大田 俊行,池野 貴子,李 静香,村谷 哲郎
  • 産業医科大学雑誌 27(2), 209-217, 2005-06-01
  • … た株は2株ともメタロ-β-ラクタマーゼ遺伝子(bla_<IMP>)の保有が確認されたが, 症例二から分離された株はbla_<IMP>を保有していなかった.症例二から分離された株において同じクローンと考えられるピオメラニン産生株のimipenem(IPM)およびmero-penem(MEPM)のMIC値を時系列的に観察したところ, 8, 16, >32μg/mlと徐々に耐性化していることが確認され, 内因性の耐性機構であるD2ポリンの欠損および薬剤排泄機構の亢進の関与 …
  • NAID 110001264731
  • 緑膿菌色素ピオメラニンの抗生物質の抗菌活性に及ぼす影響について
  • 新井 武利,佐藤 利夫,桑原 章吾
  • 日本化学療法学会雑誌 29(10), p1119-1126, 1981-10
  • NAID 40000006484

関連リンク

緑膿菌は複数の色素を産生する性質を持つ。緑色色素であるピオシアニン、蛍光性の黄緑色のピオベルジン、赤色のピオルビン、黒褐色のピオメラニンなど少なくとも4種類の色素を産生する。このうち、ピオシアニンとピオベルジンの二つは ...
1120 CHEMOTHERAPY OCT.1981 8.5)で 溶出,溶 出液にエーテルを加え生じた黒色無晶 形沈殿を洗浄し,放 線菌メラニンとし,実験に用いた。(4) 人毛髪メラニンの分離 人毛髪をエタノール,エ ーテル,蒸 留水で充分洗浄 後,1N-NaOHで6時 間 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事メラニン

メラニン」

  [★]

melanin
メラニン色素 melanin pigment
メラノサイトメラノソーム


産生細胞

産生機序

  • チロシナーゼ(補酵素:銅)の作用によってチロシンから生じるドパが酸化、脱炭酸を経て、産生される

産生の制御

促進

MRI

  • T1強調画像で高信号を呈する。




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡