ピオシアニン

出典: meddic


和文文献

  • 緑膿菌感染症の臨床病理学的所見の特徴 (特集 緑膿菌感染症の治療戦略)
  • 緑膿菌ピオシアニンの生物活性と臨床的意義
  • 佐藤 圭創,菅 守隆,安藤 正幸
  • 長崎大学熱帯医学研究所共同研究報告集 9, 69-71, 1998-07
  • NAID 110000544390

関連リンク

『 緑膿菌 』といえば「 多剤耐性 」と言葉がすぐに浮かぶ 緑膿菌は、Pseudomonas科の細菌で、Pseudomonas科のPseudomonas属で動物に病原性を持つものは ① P.fluorescens ② P.putida ③ ...
“ピオシアニン検出用シュードモナス寒天培地”について 【質問】 化粧品などの微生物検査を担当しているものです。 “ピオシアニン検出用シュードモナス寒天培地”について教えてください。弊社の保存菌株 (Pseudomonas aeruginosa NBRC ...
ピオシアニンの単離, 精製 【質問】 はじめまして。初めて質問を寄せさせて頂きます。 大学薬学部に所属している と申します。 現在, 緑膿菌の色素産生が病原性にどう関連しているかについて研究を行っています。その ...

関連画像

aeruginosaKBM臨床上、緑膿菌感染が疑われた  ピオシアニン(酸化ストレス緑膿菌によるピオベルジン クラリス発売15周年記念講演


★リンクテーブル★
リンク元pyocyanin

pyocyanin」

  [★]

ピオシアニン

pyocyanine

WordNet   license wordnet

「a toxic blue crystalline antibiotic found in green pus」




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡