ビーチャム進行期分類

出典: meddic

Beecham classification


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

適切な治療方法の選択や再発の可能性をチェックするために、病気の進行状況を正確 に見極めることが何よりも重要です。子宮内膜症の進行については、病巣の大きさや 癒着の程度などを確認して診断します。 [ビーチャム分類] 現在、日本で使われることの ...
子宮内膜症 の程度 進行期分類 (ビーチャム分類) 内診. I期. 散在性の1~2㎜の内膜 症小斑点を骨盤内に見る。 開腹時に初めて診断される。 II期. 仙骨子宮靱帯、広靱帯、 子宮頸部、卵巣が一緒に。 又は別々に固着し、圧痛、硬結を生じ、軽度に腫大している 。


★リンクテーブル★
リンク元Beecham classification
関連記事進行」「分類」「進行期分類

Beecham classification」

  [★] ビーチャム進行期分類


進行」

  [★]

progressionprogressadvanceprogressproceedadvance
進歩進む前進プログレッション級数進捗進展


分類」

  [★]

taxonomy, classification



進行期分類」

  [★]

staging classification




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡