ビフィドバクテリウム

出典: meddic

ビフィドバクテリウム属

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ビフィドバクテリウムによるTr1細胞の誘導 (特集 共生菌と免疫)
  • 香山 尚子,竹田 潔
  • 臨床免疫・アレルギー科 62(2), 134-139, 2014-08
  • NAID 40020184822
  • ビフィドバクテリウムと免疫
  • 岩淵 紀介,清水 肖 金忠
  • 腸内細菌学雑誌 = Journal of intestinal microbiology 27(3), 159-167, 2013-07-01
  • ビフィズス菌は腸内の優勢菌種の一つで,乳酸菌と並んで発酵乳などの形態でプロバイオティクスとして利用されている.このため,プロバイオティクスとしてのビフィズス菌がヒトの生理機能に及ぼす影響は,臨床試験や動物試験,細胞試験などで多数検証されており,中でもアレルギー予防効果や感染防御効果といった免疫に関わる生理機能についての報告は多い.これらの研究から得られたビフィズス菌の生理機能やその作用機序に関する …
  • NAID 10031193319
  • Characteristics of O-.BETA.-D-Fructopyranosyl-(2.RAR.6)-D-glucopyranose Isolated from Fermented Beverage of Plant Extract
  • 岡田 秀紀,川添 直樹,山森 昭,小野寺 秀一,菊地 政則,塩見 徳夫
  • Journal of Applied Glycoscience 55(3), 179-182, 2008
  • … よって製造される.この飲料からO-β-D-fructopyranosyl-(2→6)-D-glucopyranose(糖1)が見出され,発酵によって生成される.糖1は,ショ糖と比較し0.2倍の甘さであり,酸に対する安定性はショ糖とほぼ同等であった.また,低う蝕性,難消化性糖であることが認められ,さらに,腸内細菌による資化性を調査したところ,この糖質はクロストリディウム属菌などに利用されず,ビフィドバクテリウム属菌によってのみ資化された. …
  • NAID 130004480930

関連リンク

Bifidobacterium adolescentis ビフィドバクテリウム ・アドレスセンティス 系統 抗菌薬 感受性 標準菌株 標準菌のMIC 臨床分離菌のMIC80 臨床分離菌のMIC60 備考 ペニシリン系 Piperacillin 0.2 カルバペネム系 Doripenem JCM 1250 ...
ビフィドバクテリウム・ロンガムはヒト由来のビフィズス菌で酸に強いのが特徴です。よって他のビフィズス菌に比べても腸に届きやすいといわれています。また日本人の腸に常在しているビフィズス菌でもあります。

関連画像

ビフィドバクテリウム・ブ ビフィドバクテリウム ビフィドバクテリウム ビフィドバクテリウム ビフィドバクテリウム ビフィドバクテリウム・ブ


★リンクテーブル★
リンク元ビフィズス菌」「乳酸菌
拡張検索ビフィドバクテリウム目」「ビフィドバクテリウム属

ビフィズス菌」

  [★]

Lactobacillus bifidus
Bifidobacterium bifidumbifidobacteria
ビフィドバクテリウム属, Bifidobacterium属, Bifidobacteriumビフィズス乳酸桿菌ビフィドバクテリウム
ビオスミンビオフェルミンビフィスゲンビフィダーラックビーレベニン


乳酸菌」

  [★]

lactobacilliacidophiluslactic acid bacterialactic acid bacterium
乳酸桿菌ビフィドバクテリウム



ビフィドバクテリウム目」

  [★]

Bifidobacteriales


ビフィドバクテリウム属」

  [★]

Bifidobacterium






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3