ビタミンE剤

出典: meddic

ビタミンE

商品

和文文献

  • 糖尿病性浮腫性硬化症
  • 前田 尚子,利谷 昭人
  • 西日本皮膚科 60(4), 459-461, 1998
  • … 本症を糖尿病性浮腫性硬化症と診断し, 早急な糖尿病のコントロールとビタミンE剤の内服療法を施行した。 … 末梢循環改善作用のあるビタミンE剤が自覚症状の軽減に有効であったことは, 本症の発症に糖尿病による微小血管障害が関与するという推測を支持するものと考えられた。 …
  • NAID 130004474433
  • セレニウムおよびビタミンE剤投与が周産期乳牛のリンパ球幼若化能に及ぼす影響
  • 佐藤 繁 [他],鈴木 利行,今野 清勝,小野 秀弥,一條 俊浩,高橋 孝幸
  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 49(9), 619-622, 1996-09-20
  • 分娩前3週の乳牛にセレニウム (Se)-ビタミンE (VE) 製剤 (E-SE剤, Seとして25mgおよびVEとして680IU) を1回筋肉内投与し, 分娩前後の血清SeおよびVE濃度と末梢血液リンパ球幼若化能の推移を検討した.E-SE剤投与牛の血清Se濃度は, 分娩時および分娩後1週には対照牛に比べ有意な高値を示した. 投与牛のリンパ球幼若化能は, 分娩時には分娩前に比べ低値を示したが, 以降 …
  • NAID 10018940972
  • 子牛に対するビタミンEプレミックスの粉剤と液剤投与後の血中濃度
  • 堀 仁美,納 敏,一条 茂
  • 日本獣医師会雑誌 45(9), 643-645, 1992
  • … いっぽう, 液剤と粉剤の自然哺乳による投与では液剤投与群が有意な高値で推移し, また液剤の自然哺乳による投与と経口投与の比較では自然哺乳群が明瞭な高値での変動を示した.<BR>以上の成績から, 子牛に対するビタミンE剤の投与では自然哺乳による投与が強制的な経口投与より有効であり, また粉剤より液剤の応用が効果的であることが判明した. …
  • NAID 130003847941

関連リンク

ビタミンEとは ビタミンEは不妊症の研究がきっかけで発見されたビタミンです。 ビタミンは大別すると水に溶ける水溶性のビタミンと、脂に溶ける脂溶性のビタミンが存在します。水溶性のビタミンの代表はビタミンC。
ビタミン剤/ビタミンE/カプセルの通販ならケンコーコム。厳選されたビタミン剤/ビタミンE/カプセル商品を豊富に取り揃えておりますので、比較しながら欲しいビタミン剤/ビタミンE/カプセルを探せます。1,900円以上の購入で送料無料。


★リンクテーブル★
先読みビタミンE
リンク元医療用医薬品
関連記事ビタミン」「

ビタミンE」

  [★]

vitamin E V. E
トコフェロール tocopherolトコトリエノール tocotrienol酢酸トコフェロール tocopherol acetateコハク酸トコフェロールカルシウム calcium tocopherol succinate
フェニルアラニン除去ミルク配合ユベラロイシン・イソロイシン・バリン除去ミルク配合
ビタミン

概念

  • 脂溶性ビタミン
  • D-α-トコフェロール
  • 抗酸化作用を有する。
  • 脂質層のラジカルの捕捉。ここで消費されたビタミンEはビタミンCにより再生される。

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%83%B3E)

臨床関連

欠乏

過剰

医療用医薬品」

  [★]

ethical drug
一般用医薬品
  • 中枢神経系用薬
  • 末梢神経用薬
  • 感覚器用薬
  • その他の神経系及び感覚器官用医薬品
  • 循環器官用薬
  • 呼吸器官用薬
  • 消化器官用薬
  • 泌尿生殖器官及び肛門用薬
  • 外皮用薬
  • 歯科口腔用薬
  • ビタミン剤
  • 血液・体液用薬
  • 人工透析用薬
  • その他の代謝性医薬品
  • 細胞賦活用薬
  • 腫瘍用薬
  • アレルギー用薬
  • その他の組織細胞機能用医薬品
  • その他の組織細胞機能用医薬品
  • 抗生物質製剤
  • 寄生動物用薬
  • その他の病原生物に対する医薬品
  • その他の病原生物に対する医薬品
  • 調剤用薬
  • 公衆衛生用薬
  • その他の治療を主目的としない医薬品
  • アルカロイド系麻薬(天然麻薬)
  • 非アルカロイド系麻薬


ビタミン」

  [★]

vitamin


  • ビタミン、生物の生存・生育に必要な栄養素のうち、炭水化物やタンパク質、脂質、ミネラル以外の栄養素であり、微量ではあるが生理作用を円滑に行うために必須な有機化合物の総称 wiki

ビタミン

性状 ビタミン名 化合物名 機能 補酵素名 欠乏症 過剰症
  アミノ酸代謝 補酵素前駆体
水溶性ビタミン ビタミンB1 チアミン 糖代謝   チアミン二リン酸 脚気
(多発性神経炎、脚気心による動悸・息切れ)
ウェルニッケ脳症
コルサコフ症候群
 
ビタミンB2 リボフラビン 酸化還元反応 アミノ酸オキシダーゼ フラビンアデニンジヌクレオチド 口角炎、舌炎、結膜炎、角膜炎、脂漏性皮膚炎  
ビタミンB6 ピリドキシン 転移反応、脱炭酸反応、離脱反応、ラセミ化 多くのアミノ酸 ピリドキサルリン酸 末梢神経障害(INHの副作用)  
ビタミンB12 シアノコバラミン C1転移 メチオニン分岐アミノ酸 コバルト補酵素 巨赤芽球性貧血  
ビタミンC アスコルビン酸 抗酸化     壊血病
易出血性、骨・筋の脆弱化
 
ビタミンB5 パントテン酸 CoAの骨格          
ビタミンB9 葉酸 C1転移 グリシンセリン   巨赤芽球性貧血  
ビタミンB3 ナイアシン
ニコチン酸
酸化還元反応   ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド ペラグラ
(1)光過敏性皮膚炎、(2)下痢、(3)認知症
 
ビタミンB7 ビオチン 炭素固定反応   ビオチン酵素 脂漏性皮膚炎鱗屑状皮膚炎  
脂溶性ビタミン ビタミンA レチノイド 転写因子、視覚       夜盲症
眼球乾燥症角膜軟化症(Bitot斑)・毛孔性角化症
脳圧亢進、四肢疼痛性腫脹、肝性皮膚落屑、悪心・嘔吐、食欲不振、催奇形性
ビタミンD コレカルシフェロール骨形成       くる病骨軟化症
腎臓・血管壁への石灰沈着、多尿、↑尿Ca、高Ca血症、高P血症
ビタミンE トコフェロール 抗酸化       未熟児の溶血性貧血  
ビタミンK フィロキノンメナキノン血液凝固因子オステオカルシンの成熟     出血傾向 溶血、核黄疸

ビタミンと欠乏症、過剰症

剤」

  [★]

drugagent
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール
  • is ga ar it id cy uk et nl el hr sv es sk sl sw sr th cs da de tr no hu fi fr bg vi iw be fa pl pt mk lv lt ro ru en ko cn ja


  meddic.jp

リンク
連絡