ビスベンチアミン

出典: meddic

bisbentiamine, bisbenthiamine
ベストンアミノレバンEN配合
チアミン塩化物塩酸塩チアミン


和文文献

  • 固形製剤の処方設計におけるBioavailabilityの評価に関する研究(第5報)ビスベンチアミン実験錠のBioavailabilityに及ぼす食事の影響ならびにその生理的, 製剤的要因との関連
  • 溝辺 雅一,河野 啓一
  • 藥學雜誌 102(12), 1162-1170, 1982-12-25
  • Effects of diet intake on the bioavailability of experimental tablets and suspension containing bisbentiamine, a lipophylic thiamine prodrug with pH-dependent solubility, were systematically investiga …
  • NAID 110003650279

関連リンク

ベストンとは?ビスベンチアミンの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる( おくすり110番:薬事典版)
2011年12月2日 ... ビスベンチアミンのページです。成分情報をご紹介します。きっと見つかる!あなたに ピッタリのわかさの秘密。

関連画像

ビタミン剤/眼精疲労・肩こり ビスベンチアミン商品一覧 さらに ビス ベンチ アミン  にビスベンチアミンが効くビスベンチアミン | 成分情報  一般 名 ビス ベンチ アミン

添付文書

薬効分類名

  • 肝不全用経口栄養剤

販売名

  • アミノレバンEN配合散

組成

  • 本剤は1包(50g)中に下記の成分及び分量を含有する。

  L-イソロイシン                 1.9225g
  L-ロイシン                     2.037g
  L-リジン塩酸塩                0.2425g
  L-トレオニン                   0.133g
  L-バリン                      1.602g
  L-アルギニン塩酸塩            0.302g
  L-塩酸ヒスチジン               0.1875g
  L-トリプトファン                 73.5mg
  ゼラチン加水分解物            6.5g
  コメ油                        3.5g
  デキストリン                   31.05g
  レチノールパルミチン酸エステル  466I.U.
  エルゴカルシフェロール         46.6I.U.
  ビスベンチアミン               0.145mg
  リボフラビン                   0.155mg
  ピリドキシン塩酸塩             0.245mg
  シアノコバラミン                0.5μg
  葉酸                         50μg
  L-アスコルビン酸ナトリウム       6.9mg
  トコフェロール酢酸エステル      9.3mg
  フィトナジオン                 5.5μg
  パントテン酸カルシウム          1.19mg
  ニコチン酸アミド               1.515mg
  ビオチン                      25μg
  重酒石酸コリン                 12.3mg
  硫酸マグネシウム水和物         0.205g
  グリセロリン酸カルシウム         0.305g
  リン酸二水素ナトリウム          0.195g
  クエン酸第一鉄ナトリウム        12.5mg
  硫酸銅                       0.515mg
  硫酸亜鉛水和物               3.755mg
  ヨウ化カリウム                 12.5μg
  硫酸マンガン                  0.815mg
  塩化カリウム                   0.1875g

  • 添加物としてカゼインナトリウム、ソルビン酸カリウム、精製白糖、ソーマチン、シリコーン樹脂、ショ糖脂肪酸エステルを含有する。

禁忌

  • 牛乳に対しアレルギーのある患者(本剤は添加物としてカゼインを含有する。)


効能または効果

  • 肝性脳症を伴う慢性肝不全患者の栄養状態の改善


  • 通常、成人に1回量として1包(50g)を約180mLの水又は温湯に溶かし(約200kcal/200mL)1日3回食事と共に経口摂取する。
    なお、年齢・症状に応じて適宜増減する。


調製方法

  • アミノレバンEN配合散1包(50g)を約1kcal/mLに調製する場合、容器に水又は温湯(約50℃)を約180mL入れ、アミノレバンEN配合散1包を加えて溶かす。この場合、溶解後の液量は約200mL(約1kcal/mL)となる。


重大な副作用

低血糖

         0.1%未満
  • 低血糖(冷汗、気分不良、ふるえ、動悸等)があらわれることがあるので、このような症状があらわれた場合には適切な処置を行うこと。

薬効薬理

  • 慢性肝不全モデルとして門脈下大静脈吻合(PCS)ラット及びイヌを用いて検討した結果、アミノレバンEN配合散投与により血漿中及び脳内遊離アミノ酸濃度の不均衡は是正され、特に脳内セロトニン代謝異常の改善が認められた6,7)
  • アンモニア負荷モデルとして、正常ラットにおけるアンモニア誘発昏睡に対する効果について検討した結果、アミノレバンEN配合散投与により昏睡発症の抑制傾向と昏睡持続時間の短縮傾向が認められた。また、アンモニアを負荷したPCSラットにおいて、アミノレバンEN配合散投与により脳波電位の低下を抑制した8)
  • 急性肝不全モデルとして虚血性肝不全ラットを用いて検討した結果、血漿中及び脳内遊離アミノ酸濃度の不均衡及び脳内アミン代謝異常はアミノレバンEN配合散投与により是正された9)
  • 慢性肝不全モデルとして、PCSラットを用いて検討した結果、アミノレバンEN配合散連続投与により体重増加がみられ、正の窒素出納が得られた。また、蛋白質利用効率も上昇傾向を示した10)。さらに、手術侵襲を負荷したPCSラットの術後異化期においてもアミノレバンEN配合散連続投与により体重増加と正の窒素出納が得られ、四塩化炭素誘発肝障害ラットにおいても体重減少の抑制、正の窒素出納が得られた11)
  • 閉塞性黄疸モデルとして、総胆管結紮ラットを用いて検討した結果、アミノレバンEN配合散連続投与により体重増加と正の窒素出納が得られた12)


★リンクテーブル★
先読みアミノレバンEN配合
リンク元bisbentiamine」「bisbenthiamine
関連記事チアミン」「アミン」「ベンチ

アミノレバンEN配合」

  [★]

たん白アミノ酸製剤


bisbentiamine」

  [★]

ビスベンチアミン


bisbenthiamine」

  [★] ビスベンチアミン


チアミン」

  [★]

thiamine
M.V.I.M.V.I.-12キットアクタミンアミグランドアミノレバンEN配合アリチア配合アリナミンアリナミンFエスアリネートエルネオパ1号エレンタールP乳幼児用配合エレンタール配合エンシュア・リキッドオーツカMVグラビタンコンベルビーサブビタンジアイナミックスジアノイナミンシーパラシグマビタンシグマビタン配合ジセタミンダイビタミックスダイメジン・マルチダイメジンスリービー配合ダイヤビタンチアデラチアミン塩化物塩酸塩ツインラインNF配合ツインライン配合トライビートリドセラン配合ナイロジンネオM.V.I.-9ネオパレン1号ネオラミン・スリービーネオラミン・マルチVノイビタノイロビタン配合ノルニチカミンバイオゲンパレセーフパンビタン末ビーカップビースリミンビーフリードビーワンビオトーワビタジェクトビタダン配合ビタノイリンビタファントビタファントFビタマル配合ビタミンB1ビタメジンビタメジン配合ビタルファフェニルアラニン除去ミルク配合プラチアミンフルカリック1号フルスルチアミンフルメチプレビタSベストンヘパンED配合ベルミンビーマルタミンムツタミンメタボリンメタボリンGラコールNF配合ラコール配合ロイシン・イソロイシン・バリン除去ミルク配合ロートエキスロンベリンワッサーV配合塩酸B1塩酸チアミン
ビタミンB1
ビタミンB1剤


アミン」

  [★]

amine
生体アミン


概念

  • アンモニア(NH3)の水素原子(H)を1~3個アルキル基で置換した塩基性有機化合物

分類

置換基の数

  • 第一アミン RNH2
  • 第二アミン R2NH
  • 第三アミン R3N

生体内のアミン

あみん

  • [display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%BF%E3%82%93


ベンチ」

  [★]

bench
実験台




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡