ビウレット法

出典: meddic


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/12/06 15:56:09」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • p-ニトロベンズアルデヒドを発色試薬とする光依存性発色反応による血清総グロブリン濃度の定量
  • 鈴木 優治
  • 分析化学 50(10), 695-702, 2001-10-05
  • … 20分間で完了した.p-NITBA試薬とγ-グロブリンの反応で生成した発色体は600nm付近に吸収極大波長を示し, 見掛けの分子吸光係数は2.15×10^8mol^<-1>cm^2であった.p-NITBA試薬で得られた患者血清の測定値(n=100)はビウレット法とブロムクレゾールグリーン法の組合せ法及びGoldenbergらの方法で得られた血清総グロブリン濃度とr=0.967及びr=0.990の相関を示し, この試薬が血清総グロブリン濃度の測定に応用できることが分かった.本法 …
  • NAID 110002905980
  • 2試薬系ビウレット試薬による血清総蛋白質定量法の測定波長効果
  • 佐々木 真弓,村本 良三,青木 洋一,松下 誠
  • 医学検査 : 日本臨床衛生検査技師会誌 = The Japanese journal of medical technology 50(6), 824-829, 2001-06-25
  • NAID 10020603011

関連リンク

ビウレット反応(Biuret test)は、タンパク質や、ポリペプチドを検出する方法の1つ。 アミノ酸が3つ以上つながった(トリペプチド以上の)ペプチドは、ビウレットに似た構造を 持ち、アルカリ性溶液中で銅(II)イオンに配位し、赤紫色から青紫色に呈色する。 タンパク質 ...
ブラッドフォード法(Bradford法)【595nm】 3.ビューレット法(Biuret法 ビウレット法)【 546nm】 4.ローリー法(Lowry法)【750nm】 5.BCA法(ビシンコニン酸法)【562nm】 6. 蛍光法【495nm】 を紹介します。 1.紫外吸収法(吸光光度法)【UV(280nm)による定量】 ...

関連画像

ビウレット反応の説明によく Ca(OCPC法)の漸増タイムコース総蛋白(ビウレット法)の 細野 果那 さん 埼玉 県 私立  、右:ビウレット20g/a 施用表2 ビウレット及び尿素施用


★リンクテーブル★
関連記事ビウレット」「

ビウレット」

  [★]

biuret
アロファンアミド allophanamide、カルボミルウレア carbomylurea、ジカルボミルアミン dicarbomylamine


法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡