ビウレット

出典: meddic

biuret
アロファンアミド allophanamide、カルボミルウレア carbomylurea、ジカルボミルアミン dicarbomylamine

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/12/23 12:15:32」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 症例 リポ蛋白-Xを認めた胆道閉鎖症乳児における血清総蛋白測定の異常反応
  • 臨床病理 = The official journal of Japanese Society of Laboratory Medicine : 日本臨床検査医学会誌 63(11), 1271-1276, 2015-11
  • NAID 40020674711
  • 7-1-7 イネ細胞に対するビウレット障害メカニズムの検討(7-1 肥料および施肥法,2015年度京都大会)
  • アミノ酸・タンパク質の検出反応 : 高等学校化学における定性反応(分離・分析の化学)

関連リンク

ビウレット | 詳細 | ニュース 検索 フレッシュアイペディアは、ウィキペディア財団が運営するウィキペディア日本語版に含まれるフリー百科事典の情報及びその関連情報を引用し、提供しております。
ビウレットはんのう【ビウレット反応 biuret reaction】 タンパク質,ペプチドの呈色反応の一つ。試料を1~2規定の苛性アルカリ 水溶液に溶かし,1%程度のうすい硫酸銅水溶液を数滴加えると青紫~赤紫色を呈する。

関連画像

ビウレット biuret NH 今日の実験。タンパク質の ビウレット(a-1)をビウレット ビウレットは銅(II)イオンに


★リンクテーブル★
拡張検索ビウレット反応

ビウレット反応」

  [★]

biuret reaction





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡