ヒ素化合物中毒

出典: meddic

arsenic compounds poisoning

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

分析が有用な中毒起因物質の実用的分析法 -その14(完)- ヒ素化合物 奈女良 昭,屋敷幹雄 ・簡易分析法 グトツァイト法.試料:尿5ml.検出下限:1μg/m ラインシュ法.試料:胃内容物10ml.検出下限:10μg/ml
アルセノベタインについてはほとんど毒性がないと考えられます。過去の事例から急性ヒ素中毒の原因のほとんどは無機ヒ素を経口的に摂取して起こっており、先のカレー事件の中毒患者における三酸化二ヒ素(亜ヒ酸)の推定摂取量 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書


薬剤と関係ないページで押した場合何も表示されません。混雑の程度によりますが、表示までに1分くらいかかります。
Nothing is displayed when pushing on an unrelated page to the drug. It takes display about one minute though it depends on the level of congestion.


★リンクテーブル★
関連記事中毒」「化合」「」「化合物

中毒」

  [★]

poisoning, intoxication

中毒治療薬一覧

中毒の早期発見のための検査

SUB.403

重金属

有機溶剤

中毒一覧




化合」

  [★]

combination
組み合わせ配合併用合併コンビネーション組合せ


毒」

  [★]

toxinpoisonpoison
毒素毒物毒を入れるトキシン


化合物」

  [★]

compound
コンパウンド配合複方




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡