ヒペルパチー

出典: meddic


関連リンク

別の感覚―例,知覚過敏,痛覚過敏,アロデイニア(非侵害刺激による疼痛),ヒペルパチー(特に不快で過剰な疼痛反応)―も起こりうる。中枢神経系が過敏になり再構築されているため,症状は長期間続き,典型的には根本原因(もし ...
... はまた、混合性病因の疼痛、二重機構の疼痛、異痛症、灼熱痛、中枢性疼痛、知覚過敏、ヒペルパチー、異常感覚および痛覚過敏を含むことも意味する。 【0067】 [0071] 上記に記載した「体性」痛は、侵害性刺激 、すなわち ...
また、手指の皮膚の腫脹、アロディニア(異痛症)、ヒペルパチー(痛覚過敏)、圧痛、血管運動性及び発汗運動性変化(蒼白性上肢、紅斑性上肢、発汗過多)、ジストロフィー皮膚化(正常のしわ ...

関連画像

山口県,防府市,脳神経外科,頭痛



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡