ヒノキ

出典: meddic

スギとヒノキの共通抗原

(5)Cryj1のB細胞エピトープの解析

  • 花粉症の診断治療には抗原の精製が極めて重要である。Cry jⅠのB細胞エピトープを解析するためスギ花粉症のニホンザル、ヒトのスギ花粉特異的IgEを用いて検討した。5つのエピトープ(Ep1‐5)を認識するモノクロナール抗体が作成され、EP1‐3はスギ花粉特異的であり、Ep4‐5はヒノキ花粉と共通であった。IgE-B細胞エピト-プをELISA inhibition法で解析するとヒトスギ花粉症では阻害の程度によりEp1,3,5、Ep1,3、Ep1,5、Ep1に分けられ、Ep1が共通したエピトープであった。サルではEp1,3,5とEp4,5であった。

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/09/23 01:29:43」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • スギ・ヒノキ以外の花粉症
  • 中学校教科書にみる樹木名
  • 川上 涼可,鈴木 貢次郎,濱野 周泰
  • 東京農業大学農学集報 58(4), 235-242, 2014-03-05
  • 日本の中学校の教育課程は,国語,社会,数学,理科,音楽,美術,保健体育,技術・家庭及び外国語の各教科,道徳,総合的な学習の時間ならびに特別活動(計12教科)によって編成されている。樹木は,食料や建築材・家具,観賞に利用されるだけでなく,文学や短歌,俳句,詩でうたわれたり,音楽でも歌われたりする。また社会の歴史や地理を学ぶ上でも樹木名が多く関わる。技術・家庭でも木工作や栽培,料理等の内容で必要となる …
  • NAID 110009691577
  • ヒノキ」を活かす(最終回)ヒノキの市場性を高める
  • ヒノキ新薬 平成26年度ヒノキ会新年方針説明会を開催 : カジノやオリンピックに依存した景気浮揚策を一刀両断

関連リンク

ヒノキの雌花. ヒノキ(檜、桧、学名:Chamaecyparis obtusa)は、ヒノキ科ヒノキ属の 針葉樹。人工林として多く植栽されて ... 台湾本島には変種タイワンヒノキ(台湾扁柏、 Chamaecyparis obtusa var. formosana)が分布している。また中国においては、「檜( 桧)」 ...
素肌を科学する基礎化粧品のヒノキ新薬です。 ... ヒノキ新薬:肌荒れ、ニキビ、敏感肌、 乾燥肌、日焼けでお悩みの方は素肌を科学するヒノキ肌粧品を. スキンコンシェルジュ あなたのお肌を判定します お肌を創る美容飲料 新生品C Fons「シーフォーンス」 ずっと ...

関連画像

ヒノキ(ヒノキ科)ヒノキヒノキ枝 [静止画/600×400 ヒノキ Chamaecyparis obtuse檜(葉) ヒノキTanuLaboPhotoから画像を検索-写真下: 堅果ヒノキ 檜

添付文書

薬効分類名

  • 歯周疾患治療剤

販売名

  • ヒノポロン口腔用軟膏

組成

有効成分 1g中

  • ヒノキチオール                 1mg
    (日局) ヒドロコルチゾン酢酸エステル   5mg
    (日局) アミノ安息香酸エチル        15mg

添加物

  • プロピレングリコール,マクロゴール,ステアリルアルコール,ゲル化炭化水素,dl-メントール,パラベン

禁忌

  • 本剤に対し過敏症の既往歴のある患者
  • メトヘモグロビン血症のある患者[症状を悪化させるおそれがある。]

効能または効果

  • 急性歯肉炎,辺縁性歯周炎
  • 十分清拭乾燥した患部に1日1回適量を注入する。又は,塗布する場合,患部を清拭したのち,通常1日1〜3回適量を使用する。

重大な副作用

ショック

(頻度不明)

  • ショックがあらわれることがあるので観察を十分に行い,血圧降下,顔面蒼白,脈拍の異常,呼吸抑制等の症状があらわれた場合には,直ちに投与を中止し,適切な処置を行うこと。(アミノ安息香酸エチルによる)

中枢神経

(頻度不明)

  • 振戦,痙攣等の中毒症状があらわれることがあるので,観察を十分に行い,このような症状があらわれた場合には,直ちに投与を中止し,ジアゼパム又は超短時間作用型バルビツール酸製剤 (チオペンタールナトリウム等) の投与等の適切な処置を行うこと。(アミノ安息香酸エチルによる)

薬効薬理

抗菌作用

  • ヒノキチオールは歯周疾患の炎症や化膿に関与するアクチノミセスや溶血性ストレプトコッカスなどの好気性菌には100万分の3〜100の濃度で,また症状が進み盲嚢が深くなるに従い歯肉組織の崩壊に大きく関与するとみられるバクテロイデスや,フソバクテリウムなどの嫌気性菌には,100万分の3〜50の濃度で発育を阻止する11)

抗炎症作用

  • ヒドロコルチゾン酢酸エステルは,抗炎症作用,抗アレルギー作用を持ち,また,糖・たん白・脂質などの代謝,生体の免疫反応などを抑制する。また,ヒト健常皮膚貼付で血管収縮作用を示し,炎症による持続性血管透過性亢進を抑制し,白血球遊走 (滲出性炎症) を抑制する。また,滲出性炎症につづく毛細血管の新生と肉芽組織の形成 (増殖性炎症) を強く抑制することにより抗炎症作用を現す。抗アレルギー作用もある12)

鎮痛作用

  • アミノ安息香酸エチルは適用局所における一次感覚神経の末梢に作用して,局所麻酔作用を現す。水に不溶で,局所適用後長時間その箇所に滞留し,持続的な表面麻酔作用を現すので,潰瘍化した表面,炎症粘膜面及び創傷表面などにおける痛みの緩解が得られる13)

有効成分に関する理化学的知見

一般名:

  • ヒノキチオール (Hinokitiol)

化学名:

  • 4-Isopropyl-2-hydroxy-2,4,6-cycloheptatriene-1-one

分子式:

  • C10H12O2

分子量:

  • 164.20
  • 89〜91℃


★リンクテーブル★
拡張検索ヒノキチオール

ヒノキチオール」

  [★]

Hinokitiol
(ヒノキチオールヒドロコルチゾンアミノ安息香酸エチル)ヒノポロン
  • シダーやヒバに含まれる不飽和七員環化合物(単環式モノテルペン)で、芳香族化合物の一つ。(参考1)

参考

  • 1. wiki ja
  • [display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%8E%E3%82%AD%E3%83%81%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AB




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡