ヒドロモルフォン

出典: meddic

hydromorphone
ヒドロモルホン



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

ジヒドロモルヒネ/ヒドロモルフォン hydromorphone 麻薬鎮痛剤 強オピオイド(中等度から強度の強さの痛みに用いるオピオイド) 本邦未承認。米国および英国で、慢性及び急性痛(胆石疝痛、火傷、がん、心臓発作、外傷、腎結石などに ...
第一三共株式会社(本社:東京都中央区、以下「当社」)は、このたび、国内未承認薬である麻薬性鎮痛剤「ヒドロモルフォン塩酸塩」(国際一般名:hydromorphone hydrochloride)について、開発を行うことを決定しましたので、お知らせ ...
医学、バイオテクノロジー、バイオベンチャーなどのライフサイエンス関連最新ニュースのデータベース ... 運営:(有)バイオトゥデイ / 責任者:清宮正人 (biotoday@biotoday.com) 〒671-1227 兵庫県姫路市網干区和久294-5 電話:079-272 ...

関連画像

ヒドロコドン、ヒドロモルホン クリックしてコンテンツを表示フェノール性オピオイドの放出 Echelle de classement des dommages créés フェノール性オピオイドの放出 テバインのモルヒネ誘導体への


★リンクテーブル★
リンク元WHO方式癌疼痛治療」「hydromorphone」「ヒドロモルホン
関連記事ヒドロ

WHO方式癌疼痛治療」

  [★]

WHO method for relief of cancer pain
WHO式癌疼痛治療法 WHO Cancer Pain Relief ProgrammeWHO3段階除痛ラダー WHO three-stepanalgesic ladder、3段階ラダー


WHOの基本5原則

  • 1. WHOのラダーに沿って
  • 2. できるかぎり内服で、
  • 3. 少量で始めて疼痛が消える量へと漸増し、
  • 4. 定時投与とし、     ← 頓用ではない
  • 5. 必要に応じて鎮痛補助薬の併用も考慮



薬剤群 代表薬 代替薬
非オピオイド鎮痛薬 アスピリン コリン・マグネシウム・トリサルチレート)
アセトアミノフェン ジフルニサルa
イブプロフェン ナプロキセン
インドメタシン ジクロフェナク
  フルルビプロフェン※1
弱オピオイド
(軽度から中等度の強さの痛みに用いる)
コデイン デキストロプロポキシフェンa
ジヒドロコデイン
アヘン末
トラマドールb
強オピオイド
(中等度から高度の強さの痛みに用いる)
モルヒネ メサドンa
ヒドロモルフォンa
オキシコドン
レボルファノールa
ペチジンc
ブプレノルフィンa
フェンタニル※2

鎮痛補助薬 SAN.410

参考

  • 1. WHO方式癌疼痛治療ガイドライン
[display]http://www.geocities.jp/study_nasubi/l/l13.html

国試

  • 106C030:吐き気はオピオイド服用開始に出現しやすいので、開始時から制吐薬を開始する。副作用に対してはオピオイドの減量ではなく、制吐薬・緩下薬などを利用し、オピオイドの減量は避ける、だったっけ?

メモ



hydromorphone」

  [★] ヒドロモルフォン

Dilaudid


ヒドロモルホン」

  [★] ヒドロモルフォン


ヒドロ」

  [★]

hydro
ハイドロ



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡