ヒダントイン

出典: meddic

hydantoin
グリコリル尿素 glycorylurea


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/09/11 20:29:35」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 5-ジアルキルアミノメチルヒダントイン関連化合物の合成と反応性に関する研究
  • ヒダントイン輸送体に見る膜輸送機構の構造基盤

関連リンク

ヒダントイン(Hydantoin)は複素環式化合物の一つ。構造上はグリコール酸と尿素の 環状縮合物に当たることからグリコリル尿素(Glycolylurea)とも呼ばれる。またイミダゾ リジンの2位と4位の炭素原子がカルボニルになった「2,4-イミダゾリジンジオン」とも見 ...
... ヒダントイン合成. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. 移動: 案内, 検索. ユーレクのヒダントイン合成(Urech hydantoin synthesis)は、アミノ酸とシアン酸 カリウム、塩酸からヒダントインを合成する化学反応である。 ユーレクのヒダントイン合成 ...

関連画像

 ヒダントイン 安息香酸 無機 塩200px-Hydantoin.svg.pngヒダントイン胎児性ヒダントイン症候群 症例1:ヒダントイン歯肉増殖 エーテル 25 dmdm ヒダントイン


★リンクテーブル★
先読みダントロレン
リンク元抗てんかん薬」「フェニトイン」「薬剤性ループス」「hydantoin」「アミノジフェニルヒダントイン吉草酸
関連記事ヒダ

ダントロレン」

  [★]

dantrolene
ダントロレンナトリウム dantrolene sodium
ダントリウム


抗てんかん薬」

  [★]

antiepileptic drug, antiepileptic antiepileptics
てんかん薬理学

抗てんかん薬

薬物 大発作 小発作 皮質焦点発作 精神運動発作 ミクローヌス発作 異型小発作 てんかん重積 二次的全般発作 副作用 作用機序
バルビツール酸 フェノバルビタール             眠気、呼吸抑制、ポルフィリン尿症 GABAA受容体に作用
プリミドン × ×        
ヒダントイン フェニトイン ×           小脳症状(萎縮)、肝障害、骨髄抑制、
心室細動、歯肉増殖フェニトイン中毒
不活性化状態のNaチャネルに結合
エトトイン            
オキサゾリジン トリメタジオン   *1             催奇形性(最強) シナプス前・後部に作用し伝達物質放出と
伝達物質への感受性に影響
サクシニミド エトスクシミド                 Cl-チャネルを開口させることによって、
GABA神経機能を亢進
フェニル尿素 アセチルフェネトライド       *2            
イミノスチルベン カルバマゼピン             小脳症状、発疹、骨髄抑制、肝障害 Naチャネルをブロックする
ベンズイソキサゾール ゾニサミド         体重減少、眠気、腎尿管結石 T型のCa2+電流を抑制、
電位依存性のNa+チャネルの不活性化の状態を延長
炭酸脱水素酵素阻害薬 アセタゾラミド             炭酸脱水素酵素阻害
ベンゾジアゼピン ジアゼパム           *3   呼吸抑制、眠気 GABAA受容体に作用
クロナゼパム             眠気、めまい、小脳症状
GABA分解酵素阻害薬 バルプロ酸 *4 悪心・嘔吐、肝障害、
高アンモニア症、毛髪の変化、催奇形性
GABA分解酵素阻害
*1 第一選択薬ではない
*2 他薬が無効な精神運動発作のみに使用
*3 てんかん重積の第一選択薬
*4 第一選択薬

新規の抗てんかん薬

抗てんかん薬の選択

  • 部分発作:カルバマゼピン、バルプロ酸
  • 全般発作:バルプロ酸フェニトイン
  • ミオクローヌス発作:クロナゼパム



フェニトイン」

  [★]

phenytoin PHT
phenytoinum
ジフェニルヒダントイン diphenylhydantoin DPH
アレビアチンフェニトインNヒダントールホストインDilantin複合アレビアチン配合
抗痙攣薬不整脈治療薬
  • Ib群

構造

  • ヒダントイン

作用機序

  • 不活性化状態のNaチャネルに結合 (SPC.186)

薬理作用

抗てんかん薬

  • てんかん発作波の出現は抑制しない(けいれん閾値は変化しない)
  • 異常発射の焦点から周辺への伝播を押さえる

抗不整脈薬

作用はリドカインに似るが、作用は弱い。

動態

  • 肝臓

適応

欠神発作では増悪
  • QT延長に伴う心室性不整脈、ジギタリス不整脈

注意

  • 血中濃度に注意する
血中濃度を幻覚にコントロールすべき薬物:テオフィリンフェニトインジゴキシン

禁忌

副作用

  • 歯肉増殖症、緩急振戦、運動失調、複視、多毛症、皮疹、大球性貧血

相互作用

薬剤性ループス」

  [★]

薬剤性ループス様症候群 drug-induced lupus syndrome薬剤誘発性ループス drug-induced lupus、薬剤関連ループス, 全身性エリテマトーデス型薬疹 drug-induced systemic lupus erythematosus、LE様薬疹


  • 薬剤(ex.ヒダントインプロカインアミド)の長期服用により出現する全身性エリテマトーデス様の病態。(SLE症状、抗核抗体(抗ヒストン抗体))
  • 投薬により臨床症状、抗核抗体が消失。


hydantoin」

  [★] ヒダントイン

WordNet   license wordnet

「any of a group of anticonvulsant drugs used in treating epilepsy」


アミノジフェニルヒダントイン吉草酸」

  [★]

amino(diphenylhydantoin) valeric acid
ヒダントイン吉草酸 valeric acid
  • 抗てんかん薬;ヒダントイン系


ヒダ」

  [★]

crease
縦溝




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡