ヒス染色

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

染色方法. ① 塗抹、乾燥、火炎固定する。 ② ゲンチャナ紫水溶液を充分な量塗抹に 載せて、軽く加温染色する。(湯気がでるまで2~3分). ③ 標本から液を捨て、20%硫酸 銅液で分別(洗浄)。 ※②の段階では、菌体、莢膜共にゲンチャナ紫水溶液で濃く染まり 、 ...
1)グラム染色 a. 歴史 b. 原理 c. 方法 i. ハッカーの変法 ii. 西岡の変法(フェイバー・G セット) iii. Bartholomew & Mittwer 法. 2)莢膜染色...................... ........................7 a. 墨汁法 b. ヒス法. 3) 鞭毛染色.

関連画像

 を用いた莢膜染色(肺炎球菌臨床検査用染色液・試薬及び ビタミン E臨床検査用染色液・試薬及び


★リンクテーブル★
関連記事染色

染色」

  [★]

staining
染色法





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡