ヒストプラスミン反応

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ヒストプラスミン反応-1・2-
  • 村井 章悟 [他]
  • 日本伝染病学会雑誌 34(3), ????, 1960-06
  • NAID 40018348935
  • 長野県上田附近におけるヒストプラスミン反応調査成績-1-

関連リンク

感染症の話トップページへ 感染症の話 2001年第1週(1月1日~1月7日)掲載 ヒストプラスマ症(Histoplasmosis) ヒストプラスマ症は輸入真菌症の一つで、日本を除き世界的にみられる。3種類の原因菌があり、それぞれの感染 ...
ヒストプラスミン反応-1・2-村井 章悟 [他] この論文をさがす NDL-OPAC CiNii Books 著者 村井 章悟 [他] 収録刊行物 日本伝染病学会雑誌 日本伝染病学会雑誌 34(3), ????, 1960-06 日本伝染病学会 Tweet 各種コード NII論文ID(NAID) ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事プラスミン」「反応

プラスミン」

  [★]

plasmin
フィブリノリジン fibrinolysin線維素溶解酵素 フィブリン溶解酵素
フィブリノゲン


  • プラスミノゲンから活性化因子の作用によりプラスミンが生成される。
  • 血餅を構成するフィブリンに作用し、これを分解する
  • 血漿中に常時存在するα2-アンチプラスミンによりプラスミンの作用が失われる。

臨床関連


反応」

  [★]

(生物)response、(化学)reactionrespondreactresponsive
応答応答性反応性返答





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡