ヒガンバナ中毒

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

*彼岸花中毒で中枢作用や流涎、下痢が激しいときはアトロピンの静注が効果的である。 *彼岸花の鱗茎を少量摂取した場合:対症療法。 大量の場合(特異的な治療や解毒剤・拮抗剤はない)。 *基本的処置:催吐、吸着剤・下剤の ...
ヒガンバナ 学名:Lycoris radiata Herb. 英名:spider lily ヒガンバナはヒガンバナ科の多年草で,東北から沖縄にかけて広く分布しています.曼珠沙華とも呼ばれ,秋の彼岸頃に鮮やかな赤い花をつけます.地下の鱗茎から花茎が出て花を ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事中毒」「」「ガン

中毒」

  [★]

poisoning, intoxication

中毒治療薬一覧

中毒の早期発見のための検査

SUB.403

重金属

有機溶剤

中毒一覧




毒」

  [★]

toxinpoisonpoison
毒素毒物毒を入れるトキシン


ガン」

  [★]

cancer
がん




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡