パンディー反応

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

検査項目詳細 >> 項目コード 7032 統一コード 1C040 項目名 パンディー反応 別名 グロブリン反応 検査案内 74ページ 上から3番目
① ノンネ・アペルト反応・パンディー反応 ノンネ・アペルト反応は1908年に、パンディー反応は1910年に報告され、古典的な髄液 検査のグロブリン検出試験として理解されているが、いずれも真のグロブリン反応ではなく、単に 髄液 リンなど ...
2)ノンネ・アぺルト(Nonne-Apelt)反応,パンディー(Pandy) 反応 ノンネ・アぺルト反応は1908年に、パンディー反応は1910年に報告された。本反応は髄液のグロブリン検出試験として理解されている向きにあるが、いずれも真のグロブリン ...

関連画像

 は全く違う反応を引き出した は全く違う反応を引き出した は全く違う反応を引き出したアイルトン・セナ、ネルソン


★リンクテーブル★
関連記事反応

反応」

  [★]

(生物)response、(化学)reactionrespondreactresponsive
応答応答性反応性返答





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡