パリンドローム配列

出典: meddic

palindrome sequence
回文配列

和文文献

  • ショウジョウバエCaMキナーゼII遺伝子の神経系での発現パターンに必要なパリンドローム配列
  • 高松 芳樹,中越 英樹,西田 育巧,山内 卓,大伯 俊二
  • 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集 21, 396, 1998-12-01
  • NAID 10002918730
  • サケ生殖腺刺激ホルモン放出ホルモン(sGnRH)遺伝子の構造と5上流域に存在するパリンドローム配列
  • 安東 宏徳,比嘉 幹彦,北橋 隆史
  • 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集 19, 153, 1996-08-00
  • NAID 10002854608

関連リンク

2007年6月12日 ... パリンドローム(palindrome). 2本鎖DNAの塩基配列を同じ方向(5'から3'の方向)から見 たときに、下にあるように相補鎖が同じ塩基配列になっていること。 5'・・・・・・GAATTC・・ ・・・・3' 3'・・・・・・CTTAAG・・・・・・5'. (株)先端医学生物科学研究 ...

関連画像

中国の科学技術の今を伝える 図1. 核内受容体の基本構造 [2  パリンドローム)の配列を認識パリンドローム配列塩基配列を持つDNAではパリンド  パ リンド ローム 配列 の 解析


★リンクテーブル★
リンク元回文配列
関連記事配列」「リン」「リンド」「パリンドローム」「

回文配列」

  [★]

palindrome, palindrome sequence
パリンドローム配列


配列」

  [★]

sequencearrangementarrayconstellationarrangesequential
協定経時的系列結果シークエンスシーケンス順序準備筋道整列取り計らう配置配列決定連続連続的逐次結果としての時系列並べるアレイ順次整理


PHP関数

array_unique()

	for ( $i = 0 ; $i < 5 ; $i++ ) {
		$a['w'][$i] = $i+100;
		$a['m'][$i] = 1;
	}
	for ( $i = 5 ; $i < 15 ; $i++ ) {
		$a['w'][$i] = $i+100;
		$a['m'][$i] = 2;
	}
	for ( $i = 15 ; $i < 20 ; $i++ ) {
		$a['w'][$i] = $i+100;
		$a['m'][$i] = 3;
	}

	$a['w'][5]=100;
	$a['w'][15]=100;

var_dump($a);
	$b = array_unique($a['w']); #配列 重複キー 消去

var_dump($b);

-----
array(2) { 
	["w"]=> array(20) 
		{
			[0]=> int(100) [1]=> int(101) [2]=> int(102) [3]=> int(103) [4]=> int(104) [5]=> int(100) [6]=> int(106) [7]=> int(107) [8]=> int(108) [9]=> int(109) [10]=> int(110) [11]=> int(111) [12]=> int(112) [13]=> int(113) [14]=> int(114) [15]=> int(100) [16]=> int(116) [17]=> int(117) [18]=> int(118) [19]=> int(119) } 
	["m"]=> array(20) 
		{
			[0]=> int(1) [1]=> int(1) [2]=> int(1) [3]=> int(1) [4]=> int(1) [5]=> int(2) [6]=> int(2) [7]=> int(2) [8]=> int(2) [9]=> int(2) [10]=> int(2) [11]=> int(2) [12]=> int(2) [13]=> int(2) [14]=> int(2) [15]=> int(3) [16]=> int(3) [17]=> int(3) [18]=> int(3) [19]=> int(3) } } 

array(18) {
			[0]=> int(100) [1]=> int(101) [2]=> int(102) [3]=> int(103) [4]=> int(104) [6]=> int(106) [7]=> int(107) [8]=> int(108) [9]=> int(109) [10]=> int(110) [11]=> int(111) [12]=> int(112) [13]=> int(113) [14]=> int(114) [16]=> int(116) [17]=> int(117) [18]=> int(118) [19]=> int(119) } 

配列の要素の除去

array_pop

  • 配列のインデックスから、末尾にあるインデックス1つを取り除く。指定した変数の配列が空だった場合には、null が帰される。

配列の結合

  • 1. +演算子。同じキーを上書きする。
  • 2. array_push(array, array)とすると、出力が array([0]->array, [1]->array)になる。
  • 3. array_match(out_array, add_array)これでokだが、add_array = array();だとエラーが起こるので、適当なトラップが必要。 ← array_mergeの間違えでしょ?

配列要素の結合

$str = implode('/',$array);

配列の要素表示

  • var_dump()
  • print_r();


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





リンド」

  [★]

reversible ischemic neurological deficit, RIND
完全回復性脳卒中 stroke with full recovery SFR



パリンドローム」

  [★]

palindrome
回文配列回文構造 palindromic sequence
回文


列」

  [★]

rowtiertrain
作条訓練、層、




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡