パラロザニリン

出典: meddic

和文文献

  • ヒト舌下腺ならびに顎下腺腺房細胞におけるアルデヒドパラロ-ザニリン染色について〔英文〕
  • 伊藤 信彰 [他]
  • 日本法医学雑誌 41(2), p109-114, 1987-04
  • NAID 40003039722
  • パラロザニリン法による二酸化硫黄の測定誤差
  • 渡辺 征夫
  • 公衆衛生院研究報告 29(2), p56-61, 1980-06
  • NAID 40001211844
  • パラロザニリン法によるホルムアルデヒド分析法の再検討
  • 鈴木 伸,堀内 宣利
  • 千葉大学環境科学研究報告 1(1), 99-102, 1973-07-15
  • NAID 110000254867

関連リンク

パラロザニリン法 パラロザニリン・ホルムアルデヒド溶液による560nm付近の発色を基にした吸光光度法 自動計測器 1.溶液導電率式分析計 2.炎光光度検出式分析計 3.電量式分析計 4.紫外線蛍光式分析計 5.赤外線 吸収式分析計 2),NOx ...
大気中のSO2の比色定量法としてはWest and Gaeke(1956)によるTCM-パラロザニリン法あるいはその改良法が代表的なものである。これは大気中のSO2をNa2HgCl4溶液にパブリンクさせること忙よって吸収濃縮させ,SO2 この方法 の ...

関連画像

管 e 管 色調 1 no no 2 青色 2 no


★リンクテーブル★
関連記事リン

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡