パラフレニー

出典: meddic

paraphrenia
妄想型統合失調症パラノイア妄想性障害



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/02/22 17:30:55」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2017/07/20 02:55:23」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 皮膚寄生虫妄想と心気妄想 (特集 パラノイアと妄想性障害)
  • 田中 祐輔,林 拓二
  • 臨床精神医学 42(1), 69-74, 2013-01-00
  • NAID 40019550251
  • 高齢者の妄想性疾患 (特集 パラノイアと妄想性障害)

関連リンク

心理学とカウンセリング、その隣接諸分野に関連するキーワードや専門用語を整理して分かりやすく解説するブログです。 ... パラフレニー(paraphrenia)と妄想症状 近代精神医学の始祖といわれるドイツの精神科医エミール・クレペリン(Emil ...
うつ病になりかけた自分の体験から、うつ病について勉強した知識を掲載しています。当サイトではあまりがんばらないで参考にしてください。 ... カテゴリ 心の病気の原因 心の病気に薬が必要 ストレスや環境で薬の効果 心の病気に複数の ...
. /0 1232425 6789: *;<=>? ˚ - . 0 Ⅱ 研究方法 1.対象T81歳女性独居。 2.支援期間 1999年1月~2000年2月。 3.方 法 1)訪問看護記録の既存資料を基に 看護職者数人で支援経過を中心に 分析・検討した。 2)対象の問題行動の評価 ...


★リンクテーブル★
先読み妄想型統合失調症」「パラノイア
リンク元妄想性障害」「早発痴呆
拡張検索初老期パラフレニー」「遅発パラフレニー

妄想型統合失調症」

  [★]

paranoid schizophrenia
統合失調症

定義(DSM-IV)

  • A form of schizophrenia that is characterized by a preoccupation of bizarre delusion(s) of being persecuted or harassed. Auditory hallucinations that are related to the delusions' theme.

criteria(DSM-IV)

1. preoccupation of bizarre delusion(s) or frequent auditory hallucinations
2. Not prominent:
  • A. cationic behavior.
  • B. disorganized speech or behavior.
  • C. flat affect.



パラノイア」

  [★]

paranoia
妄想症偏執狂
偏執症妄想性障害妄想症



妄想性障害」

  [★]

paranoiaparanoid disorder
ICD-10
F22.0
偏執症妄想症パラノイア妄想性精神病、F22
パラノイア妄想性精神病、妄想状態、パラフレニー/遅発性パラフレニー、敏感関係妄想
妄想性パーソナリティ障害(F60.0)、心因性妄想性精神病(F23.3)、妄想反応(F23.3)、妄想型統合失調症(F20.0)

診断基準

  • A. 典型的な統合失調症(F20.0-F20.3)としての基準G1(1b)またはG1(1d)に挙げた以外のもの(すなわち、まったくありそうにないものや、文化が的にも状況にそぐわないもの以外のもの)で、単一な妄想または一連の妄想群が存在すること。最もよくみられる例としては、迫害的・誇大的・心気的・嫉妬、あるいは性的内容の妄想である。
  • B. 上記Aの妄想は、少なくとも3ヶ月間、認めること。
  • C. 統合失調症(F20.0-F20.3)の全般基準を満たさないこと。
  • D. 持続的な幻覚は、いかなる様態のものであっても、存在してはならない(三人称や論評し続けるような幻声が含まれることはないが、一時的で一過性の幻聴はあってもよい)。
  • E. 抑うつ症状(またはF32.-「うつ病エピソード」であっても)が病相期に存在していた場合それが消失してもなお、妄想は変わることなく持続すること。
  • F. 主要な除外基準: F00-F09で挙げた一次性または二次性の器質性精神障害、あるいは精神作用物質使用(Flx.5)による精神病性障害の証拠があってはならない。
亜型を詳記しようとする場合
必要であれば、次の型が特定されうる。すなわち迫害塑・好訴型・自己関係づけ型・誇大型・心気(身体)型・嫉妬型・性愛型などである.



早発痴呆」

  [★]

dementia praecox
統合失調症
早発性認知症早発認知症
パラフレニープレコックス感ヘラー症候群


初老期パラフレニー」

  [★]

presenile paraphrenia
退行期パラフレニー


遅発パラフレニー」

  [★] 遅発性パラフレニー




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡