パパベリン

出典: meddic

papaverine
塩酸パパベリン papaverine hydrochlorideパパベリン塩酸塩
アストフィリン配合ストミンA配合, Cerespan, Pavabid
アヘンアルカロイド





Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/05/17 15:06:14」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • PCI適応の是非に際し心筋血流予備量比(FFRmyo)測定時のパパベリン塩酸塩冠動脈内投与にて心室細動を来たした3例 (第107回成医会第三支部例会)
  • 塩酸パパベリンの動脈内投与にて完全回復を得た non-occlusive mesenteric ischemia (NOMI) の1例
  • 遠藤 文庫,山田 康雄,齋藤 俊博,武田 和憲,菊地 秀
  • 日本腹部救急医学会雑誌 = Journal of abdominal emergency medicine 29(7), 1017-1020, 2009-11-30
  • NAID 10026326143

関連リンク

パパベリン塩酸塩(塩酸パパベリン) パパベリン塩酸塩は消化管の平滑筋に直接作用して、胃腸の痙攣を鎮める効果のある成分。抗コリン成分とは異なり、胃液分泌を抑える作用は無い。抗コリン成分と異なり自律神経系を介した作用 ...
パパベリンとは?効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 用法用量は医師・薬剤師の指示を必ずお守りください。 すべての副作用を掲載しているわけではありません。
平滑筋の収縮を抑制する物質にパパベリン(Pap) がある。このパパベリンはアセチルコリンとは異なる受容体に結合する。 下に「アセチルコリン単独で投与したときの反応量」と「アセチルコリンとパパベリンを併用して投与したときの ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 血管拡張・鎮痙剤

販売名

パパベリン塩酸塩注40mg「日医工」

組成

 パパベリン塩酸塩注40mg「日医工」


  • 1アンプル(1mL)中パパベリン塩酸塩40mgを含有する。
    添加物としてDL-メチオニン0.1mg,pH調節剤を含有する。

効能または効果

 下記疾患に伴う内臓平滑筋の痙れん症状

  • 胃炎,胆道(胆管・胆のう)系疾患

 急性動脈塞栓,急性肺塞栓,末梢循環障害,冠循環障害における血管拡張と症状の改善


  • パパベリン塩酸塩として,通常成人1回30?50mg(0.75?1.25mL),1日100?200mg(2.5?5mL)を注射する。主として皮下注射するが,筋肉内注射することもできる。また,急性動脈塞栓には,1回50mg(1.25mL)を動脈内注射,急性肺塞栓には,1回50mg(1.25mL)を静脈内注射することができる。
    なお,年齢,症状により適宜増減する。

慎重投与

  • 緑内障の患者[眼圧上昇作用により,緑内障を悪化させるおそれがある。]

重大な副作用

 呼吸抑制(頻度不明)

  • 呼吸抑制があらわれることがあるので,観察を十分に行い,異常が認められた場合には,投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

薬効薬理

 平滑筋弛緩作用

  • パパベリンは,各種平滑筋に直接作用して平滑筋の異常緊張及び痙れんを抑制する作用を有する4)。ことに平滑筋が痙れん性に収縮している場合に鎮痙作用は著しい4)。本剤は,胃(イヌ5),6),家兎6)),胆管(ウシ7))等の内臓平滑筋に対して弛緩,鎮痙作用を示すのみならず,血管平滑筋に対しても異常緊張及び痙れんを抑制し,血管の拡張・血流量の増加(家兎6),8))をもたらす。

有効成分に関する理化学的知見

 一般名

  • パパベリン塩酸塩(Papaverine Hydrochloride)

 化学名

  • 6,7-Dimethoxy-1-(3,4-dimethoxybenzyl) isoquinoline monohydrochloride

    <graphic
   gfname = "530169_1243400A1059_1_01_fig01.gif">

 分子式

  • C20H21NO4・HCl

 分子量

  • 375.85

 性状

  • 白色の結晶又は結晶性の粉末である。
    水又は酢酸(100)にやや溶けにくく,エタノール(95)に溶けにくく,無水酢酸又はジエチルエーテルにほとんど溶けない。
    本品1.0gを水50mLに溶かした液のpHは3.0?4.0である。


★リンクテーブル★
先読みアストフィリン配合
リンク元麻薬」「papaverine」「アストフィリン」「ストミンA配合」「ストミンA
拡張検索パパベリン類似化合物
関連記事リン」「ベリン

アストフィリン配合」

  [★]

鎮咳剤


麻薬」

  [★]

narcotic narcotics, narcotic drugs
narcotica

日本の法医学上の定義

分類

SLE.62

麻薬性鎮痛薬 narcotic analgesics

  • 1. アヘンアルカロイド系 opium alkaloids (いわゆるオピオイド)
  • a. アヘン及び精製アルカロイド
アヘン opium:複数のアルカロイドが含まれている
  • b. モルヒネ誘導体
  • 2. 合成麻薬

中枢神経興奮薬 stimulants

  • 3. コカアルカロイド系 coca alkaloids

ニュース

  • レディー・ガガの麻薬使用発言に批判集中!音楽制作では「麻薬が刺激になった」
  • 2010年8月29日 1時22分
  • シネマトゥデイ映画ニュース
  • 奇抜な衣装と大胆なパフォーマンスが人気のスター、レディー・ガガが、自身の創造性について「麻薬が刺激を与えてくれた」と発言した。


papaverine」

  [★] パパベリン

WordNet   license wordnet

「an alkaloid medicine (trade name Kavrin) obtained from opium; used to relax smooth muscles; it is nonaddictive」
Kavrin

アストフィリン」

  [★] エフェドリンジフェンヒドラミンジプロフィリンパパベリンノスカピン

ストミンA配合」

  [★] パパベリンニコチン酸アミド

耳鼻科用剤


ストミンA」

  [★] ニコチン酸アミドパパベリン


パパベリン類似化合物」

  [★]

papaverine-like compound


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





ベリン」

  [★]

炭酸水素ナトリウム




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡