パッキオニ

出典: meddic

関連リンク

具体的には、側脳室→室間孔(モンロー孔)→第三脳室→中脳水道→第四脳室→マ ジャンディー孔・ルシュカ孔→蜘蛛膜下腔、という経路で脳内を循環する。 その後は上矢 状静脈洞に突出する蜘蛛膜顆粒(パッキオニ顆粒)で静脈洞へと吸収される。この循環が ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡