パスツレラ

出典: meddic


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/05/17 00:29:31」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • パスツレラ感染症の臨床的検討 (特集 人と動物の共通感染症最前線(12))
  • 症例報告 ネコ咬傷後に発生したPasteurella multocida皮膚感染症の1例
  • 國行 秀一,松村 泰宏,平田 央 [他]
  • 臨床皮膚科 = Japanese journal of clinical dermatology 69(3), 243-247, 2015-03
  • NAID 40020369103
  • パスツレラの全ゲノム配列から見えてきた病原性 (特集 細菌の病原性解析)
  • 佐々木 啓,川本 英一
  • Labio 21 = ラビオ (59), 11-14, 2015-01
  • NAID 40020325271

関連リンク

公益社団法人千葉県獣医師会のホームページです。 ... パスツレラ症とはパスツレラ菌の感染により、30分~2日で皮膚症状、呼吸器症状の出る病気です。保有率は非常に高く、犬の約75%、猫の約100%が口腔内常在菌として保有して ...
パスツレラ症とは、パスツレラ (Pasteurella)属菌により引き起こされる日和見感染の傾向のある感染症のことを言います。 パスツレラ属菌は約1μmという小さな短桿菌で多形成を示し(写真)、多くの哺乳動物の常在菌として存在して ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • アレルゲン検査薬

販売名

アレルゲンスクラッチエキス「トリイ」兎毛

効能または効果

診断

  • アレルギー性疾患のアレルゲンの確認
  • 用法及び用量
    診断
    通常乱刺または切皮法により皮膚面に出血しない程度に傷をつけ、本品1滴を滴下し、15〜30分後に膨疹径が対照の2倍以上または5mm以上を陽性とする。

重大な副作用

ショック

(頻度不明)

  • ショックを起こすことがあるので、観察を十分に行い、くしゃみ、蕁麻疹、血管浮腫、不快感、口内異常感、喘鳴、耳鳴等があらわれた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。


★リンクテーブル★
リンク元Pasteurella」「Pasteurella属
拡張検索パスツレラ感染症」「パスツレラ科感染症」「パスツレラ・マルトシダ

Pasteurella」

  [★]

パスツレラパスツレラ属Pasteurella属

Pasteurellaceae


Pasteurella属」

  [★]

Pasteurella
パスツレラパスツレラ属


パスツレラ感染症」

  [★]

Pasteurella infectionPasteurellaceae infection
パスツレラ症パスツレラ感染パスツレラ科感染症

パスツレラ科感染症」

  [★]

Pasteurellaceae infection
パスツレラ感染症

パスツレラ・マルトシダ」

  [★]

Pasteurella multocida




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡