パキシリン

出典: meddic

paxillin
  • 細胞-マトリックス接着関連タンパク質

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 細胞接着における膜結合型 Heparin-binding EGF-like growth factor の生物学的機能
  • 杉本 圭相,藤田 真輔,柳田 英彦,岡田 満,竹村 司
  • 日本小児腎臓病学会雑誌 = Japanese journal of pediatric nephrology 21(2), 126-133, 2008-11-15
  • … Western Blotting解析では,前者におけるFocal Adhesion Kinase (FAK),パキシリンのリン酸化発現が高いことが確認され,細胞接着および運動能におけるHB-EGFの関与を示唆するとともに,非分泌型HB-EGF細胞において,EGFR活性が細胞の動態に深く関与していることを根拠づける結果であると考えられた。 …
  • NAID 10025170351
  • 10.低分子量G蛋白質Ralの下流分子であるPOB1は,パキシリン結合蛋白質PAG2と結合して,細胞運動を制御する(学位論文抄録)(第469回広島大学医学集談会(平成15年1月6日))

関連リンク

2007年6月11日 ... 運動能の高い細胞、動きの制御に新知見. 基礎生物学研究所 形態形成部門の木下典 行准教授らは、体の形づくりの初期における細胞運動に、パキシリンというタンパク質が 不可欠であることを明らかにしました。人間を含む多くの動物の体は、 ...
インテグリンを活性化すると接着斑キナーゼ (FAK; Focal Adhesion Kinase) 及びSrc キナーゼが活性化されるが、その結果、シグナル伝達のアダプタータンパク質が動員 されるとともに、パキシリン (Paxillin) のような接着斑 (FA) 成分やCrkに会合している 基質 ...

関連画像

Src蛋白質の特徴詳細図2.Wnt5aによる上皮細胞極性 背景2) NLK による TCF/LEF の チロシンリン酸化蛋白質を標的 以上の結果から図2に示す


★リンクテーブル★
関連記事リン

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3








★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡