パイフェル現象

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

パイフェル現象 パイフェルげんしょう Pfeiffer's phenomenon パイフェルの免疫溶菌試験ともいう。コレラ菌の生体内溶菌現象で,補体の関与を必要とする抗原抗体反応の一つ。あらかじめコレラ菌で免疫しておいたモルモットの腹腔内に ...
パイフェル現象 (Pfeiffer phenomenon ) 抗血清を56 で30分加熱 → コレラ菌に加える → 溶菌が起こらない → 新鮮なモルモット血 清を加える → 溶菌作用回復 Bordet:ウサギの血液を注射したモルモットの血清がウ サギの赤血球を溶血 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 高カロリー輸液用微量元素製剤

販売名

ミネラミック注

組成

1管容量

  • 2mL

1管中の有効成分

  • 塩化第二鉄…9.460mg
    塩化マンガン…0.1979mg
    日局 硫酸亜鉛水和物…17.25mg
    硫酸銅…1.248mg
    日局 ヨウ化カリウム…0.1660mg
    元素量
     鉄(Fe) :35μmol マンガン(Mn):1μmol
     亜鉛(Zn) :60μmol 銅(Cu) :5μmol
     ヨウ素(I):1μmol

添加物

  • コンドロイチン硫酸Na…9.774mg
    (コンドロイチン硫酸Naは魚類の軟骨抽出物)
    pH調整剤(水酸化Na)
  • 暗赤褐色のコロイド状の液。透過光によりチンダル現象を示す。

pH

  • 4.5〜6.0

浸透圧比

  • 約0.5(生理食塩液に対する比)

禁忌

  • 胆道閉塞のある患者[排泄障害により、マンガンの全血中濃度、及び銅などの微量元素の血漿中濃度を上昇させるおそれがある。]
  • 本剤又は本剤配合成分に過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • 経口、経腸管栄養補給が不能又は不十分で高カロリー静脈栄養に頼らざるを得ない場合の亜鉛、鉄、銅、マンガン及びヨウ素の補給
  • 通常、成人には1日2mLを高カロリー静脈栄養輸液に添加し、点滴静注する。
  • なお、年齢、症状に応じて適宜増減する。
  • 本剤は、経口・経腸管栄養補給が十分になった場合には、速やかに投与を中止すること(通常、経口・経腸管栄養により微量元素は補給される)。
  • 高カロリー輸液用基本液等には微量元素が含まれた製剤があるので、それらの微量元素量に応じて適宜減量すること。
  • 黄疸がある場合、又は本剤投与中にマンガンの全血中濃度の上昇が認められた場合には、マンガンが配合されていない微量元素製剤の投与を考慮すること。また、銅などの微量元素の血漿中濃度の上昇が認められた場合には、休薬、減量もしくは中止等を考慮すること。

全血中マンガン濃度の基準値

血漿中微量元素濃度の基準値


慎重投与

  • 肝障害のある患者[微量元素の血漿・全血中濃度を上昇させるおそれがある。]
  • 腎障害のある患者[微量元素の血漿・全血中濃度を上昇させるおそれがある。]

有効成分に関する理化学的知見

塩化第二鉄

  • 分子式:FeCl3・6H2O
  • 分子量:270.30
  • 性 状:黄褐色の結晶又は塊である。水に極めて溶けやすく、エタノール(95)又はジエチルエーテルにやや溶けやすい。湿気によって潮解する。

塩化マンガン

  • 分子式:MnCl2・4H2O
  • 分子量:197.91
  • 性 状:淡紅色の結晶又は結晶性の粉末である。水に極めて溶けやすく、エタノール(95)にやや溶けやすい。吸湿性である。

硫酸亜鉛水和物

  • 別 名:硫酸亜鉛
  • 分子式:ZnSO4・7H2O
  • 分子量:287.58
  • 性 状:無色の結晶又は白色の結晶性の粉末で、においはなく、収れん性で特異な味がある。水に極めて溶けやすく、エタノール(95)又はジエチルエーテルにほとんど溶けない。1.0gを水20mLに溶かした液のpHは3.5〜6.0である。乾燥空気中で風解する。

硫酸銅

  • 分子式:CuSO4・5H2O
  • 分子量:249.69
  • 性 状:青色の結晶もしくは粒又は濃青色の粉末である。水に溶けやすく、エタノール(95)にほとんど溶けない。乾燥した空気中で徐々に風解する。グリセリンに徐々に溶ける。

ヨウ化カリウム

  • 分子式:KI
  • 分子量:166.00
  • 性 状:無色若しくは白色の結晶又は結晶性の粉末である。水に極めて溶けやすく、エタノール(95)にやや溶けやすく、ジエチルエーテルにほとんど溶けない。湿った空気中でわずかに潮解する。


★リンクテーブル★
関連記事現象

現象」

  [★]

phenomenonphenomenaeventphenomenal

国試ででそうな現象




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3