バーシカン

出典: meddic

versican
PG-M


和文文献

  • 嗅覚表現形容詞「カグハシ」「カウバシ」「カンバシ」--近世以降における意味・用法の分担過程
  • 3Ba05 褥瘡創面の細胞周囲微細環境 : 水バランス因子としてのバーシカンの働き(生体医用工学・人工臓器,一般講演)
  • 村澤 裕介,米田 雅彦,木全 弘治,王 碧昭,磯貝 善蔵
  • 日本生物工学会大会講演要旨集 平成20年度, 87, 2008-07-11
  • NAID 110007323711
  • マトリックスと細胞機能調節
  • 渡辺 秀人
  • 日本生体電気・物理刺激研究会誌 21, 1-4, 2007
  • NAID 40016138265

関連リンク

アグリカンとバーシカン アグリカン(aggrecan)は分子量約2500kDaの軟骨組織に存在する代表的な大型のケラタン硫酸/コンドロイチン硫酸プロテオグリカンで、軟骨以外にも脳、大動脈、腱などの比較的限局した組織分布を示す。
遠隔部位への転移は、がんに関連する死亡の主な原因である。がん細胞の炎症性微小環境の研究から、細胞外マトリックスに存在するプロテオグリカンであるバーシカンが、転移を推し進める因子である可能性が明らかになった。
氏名 研究テーマ 渡辺 秀人 細胞外マトリックスの巨大プロテオグリカン,アグリカンとバーシカンの生体内機能と病態における役割 杉浦 信夫 コンドロイチン硫酸などグリコサミノグリカン糖鎖の生理機能の解明と生合成機構の解析

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡