バーキットリンパ腫

出典: meddic

Burkitt lymphoma, BL, Burkitt's lymphoma
Burkittリンパ腫バーキット腫瘍 Burkitt tumor
EBウイルス

病因

  • chr8のmyc遺伝子がchr14(heavy-chain locus), chr2(κ light chain), あるいはchr22(λ light chain)で転座を起こす事が原因 (IMM.312)
t(8;14)(q24;q32)[MYC/IgH]


病理

  • starry-sky像:腫瘍細胞を貪食するマクロファージが散見され、それによって抜けて見える像


治療

  • 化学療法

予後


  • バーキットリンパ腫の亜型(非典型バーキット/バーキット様)
  • 定義:Ki-67がほぼ100%陽性、c-Myc遺伝子の転座
http://ganjoho.ncc.go.jp/public/cancer/data/Burkitt_lymphoma.html




Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2017/04/08 20:03:57」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ヤーコン葉に含まれるラジ細胞(ヒトバーキットリンパ腫系細胞)の抗変形活性物質であるセスキテルペンラクトン類の迅速精製法
  • Siriwan Dalad,成瀬 孝行,陳 静波 [他]
  • 香川大学農学部学術報告 63 (116), 67-72, 2011-02
  • NAID 40018746707
  • 生体肝移植後6年目に発症したバーキットリンパ腫の1例
  • 杉本 貴昭,山中 潤一,麻野 泰包,中川 温子,藤元 治朗
  • 移植 45(1), 54-60, 2010-02-10
  • NAID 10026247611
  • 両側オトガイ部の知覚異常と歯肉腫脹を初発症状としたバーキットリンパ腫の1例
  • 西澤 理史歩,峯村 俊一,瀧沢 淳 [他]
  • 日本口腔外科学会雑誌 56(9), 519-523, 2010-09
  • NAID 40017320503

関連リンク

2006年10月1日 ... バーキットリンパ腫は、最も増殖速度の速い病理組織型(高悪性度リンパ腫)の範疇(は んちゅう)に分類される悪性リンパ腫で、リンパ球の中のB細胞から発生する非ホジキン リンパ腫です。骨髄中に多数のがん細胞が存在する場合には、急性 ...
バーキットリンパ腫、びまん性大細胞型B細胞リンパ腫をあわせて成熟B細胞リンパ腫と 呼びます。骨髄病変により白血病と同様の状態を生じた場合、B細胞性急性リンパ性 白血病と呼ぶことがあります。小型非切れ込み核リンパ腫(small non-cleaved cell ...

関連画像

盲腸バーキットリンパ腫aバーキットリンパ腫 (BL-3)バーキットリンパ腫症例1 バーキット リンパ腫盲腸バーキットリンパ腫fバーキットリンパ腫バーキットリンパ腫 (BL)


★リンクテーブル★
リンク元悪性リンパ腫」「生活習慣病」「ヘルペスウイルス科」「非ホジキンリンパ腫」「EBウイルス
関連記事リン」「」「リンパ」「バーキット」「トリ

悪性リンパ腫」

  [★]

malignant lymphoma
lymphoma malignum

悪性リンパ腫とマーカー

悪性リンパ腫.xls
  sIg CD5 CD10 CD19 CD20 CD23 CD43 bcl cyclin TdT その他 転座
小リンパ性リンパ腫 small lymphocytic lymphoma
慢性リンパ性白血病 chronic lymphocytic leukemia
       
濾胞性リンパ腫 FL
 
      bcl2 +      
MALTリンパ腫
 
                 
マントル細胞リンパ腫 MCL
 
             
びまん性大細胞性B細胞リンパ腫 DLBL
 
+/-     bcl6 +        
前駆Bリンパ芽球性リンパ腫
急性Bリンパ球性白血病 LBL/ALL
                 
バーキットリンパ腫 BL
 
          Myc, Ki-67 t(8,14)Myc;IgH ~80%
t(2,8)κ;Myc ~15%
ホジキンリンパ腫
 
                    CD15, CD30, CD45 - t(8,22)Myc;λ ~10%
成人T細胞白血病 ATL
 
                    CD2, CD3, CD4, CD25, HLA-DR, CD8 -  

病期

参考

  • 1.
http://www.rinpashu.com/inspection/

国試




生活習慣病」

  [★]

lifestyle-related disease


  • 古くは成人病

生活習慣病などのリスクファクター (サブノート.155 改変)

疾患 危険因子 防御因子
悪性腫瘍 胃癌 塩辛い食品、喫煙、くん製製品、ニトロソアミン土壌、腸上皮化生Helicobacter pyroli ビタミンC、野菜、果実
食道癌 喫煙飲酒、熱い飲食物 野菜、果実
結腸癌 高脂肪食、肉食、低い身体活動、腸内細菌叢の変化、遺伝(家族性大腸腺腫症)  
肝癌 HBVキャリア・HCVキャリア、アフラトキシン住血吸虫飲酒  
肺癌 喫煙(特に扁平上皮癌)、大気汚染石綿(扁平上皮癌悪性中皮腫) 野菜、果実
膵癌 高脂肪食喫煙  
口腔癌 喫煙(口唇・舌-パイプ)、ビンロウ樹の実(口腔)、飲酒  
咽頭癌 EBウイルス(上咽頭癌)、飲酒  
喉頭癌 喫煙男性アルコール  
乳癌 高年初産、乳癌の家族歴、肥満、未婚で妊娠回数少ない、無授乳、脂肪の過剰摂取、低年齢初経、高年齢閉経 母乳授乳
子宮頚癌 初交年齢若い、早婚、多産、性交回数が多い(売春)、貧困、不潔]、HSV-2HPV流産、人工妊娠中絶回数が多い  
子宮体癌 肥満糖尿病ピルエストロゲン常用、未婚、妊娠回数少ない、乳癌後のタモキシフエン内服  
膀胱癌 喫煙鎮痛剤乱用、ビルハルツ住血吸虫サッカリン防腐剤  
皮膚癌 日光(紫外線)、ヒ素(Bowen病)  
白血病 放射線ベンゼン、地域集積性(ATL)、ダウン症(小児白血病)  
骨腫瘍 電離放射線  
甲状腺癌 ヨード欠乏または過剰  
バーキットリンパ腫 EBウイルス  
循環器疾患 脳出血 高血圧、重筋肉・夜勤労働、蛋白摂取不足、低アルブミン血症食塩、家族歴、初老期の男、過度の習慣性飲酒、ストレス寒冷  
脳梗塞 高血圧運動不足糖尿病肥満食塩喫煙家族歴加齢高脂血症 有酸素運動
虚血性心疾患 高血圧高脂血症喫煙HDLコレステロール低値、糖尿病肥満、過度の飲酒、運動不足年齢ストレス 適度の飲酒
高血圧疾患 寒冷食塩肥満飲酒カリウム(野菜、果物)の摂取不足、ストレス 減量
2型糖尿病 家族歴肥満脂肪の過剰摂取運動不足喫煙、薬剤(降圧薬etc.)  
肝硬変 HCVHBV、飲酒(多量)  


ヘルペスウイルス科」

  [★]

Herpesviridae
疱疹ウイルス
ヘルペスウイルス亜科ウイルス

ヘルペス科に属するウイルスによる感染症 (SMB.526)

ヘルペスウイルス亜科
ヘルペスウイルス亜科
ヘルペスウイルス亜科
ヘルペスウイルス 潜伏部位 初感染における
顕性感染率
主な疾患
α 単純ヘルペスウイルス1型 HSV-1 知覚神経節 口唇ヘルペス口内炎角膜ヘルペスヘルペス脳炎性器ヘルペス新生児ヘルペス
単純ヘルペスウイルス2型 HSV-2 性器ヘルペス新生児ヘルペス、ヘルペス?疽、殿部ヘルペス
水痘・帯状疱疹ウイルス VZV 水痘帯状疱疹ラムゼイ・ハント症候群
β サイトメガロウイルス CMV 顆粒球/マクロファージ前駆細胞 先天性巨細胞封入体症、輸血後CMV単球症、臓器移植後間質性肺炎肝炎
ヒトヘルペスウイルス6型 HHV-6 マクロファージ 突発性発疹脳炎
ヒトヘルペスウイルス7型 HHV-7 唾液腺? 突発性発疹
γ エプスタイン-バーウイルス EBV 骨髄Bリンパ球 伝染性単核症バーキットリンパ腫上咽頭癌日和見リンパ腫
ヒトヘルペスウイルス8型 HHV-8 Bリンパ球 カポジ肉腫キャッスルマン病



非ホジキンリンパ腫」

  [★]

non-Hodgkin's lymphoma non-Hodgkin lymphoma NHL
非Hodgkinリンパ腫, non-Hodgkinリンパ腫
B細胞性悪性リンパ腫悪性リンパ腫

非ホジキンリンパ腫の臨床的な特徴 HIM.693

  年齢 子供における頻度 男性(%) ステージI,II vs III,IV(%) B症状(%) 骨髄浸潤(%) 消化管浸潤(%) 5年生存率(%)
B細胞CLL/小リンパ球性リンパ腫 65 まれ 53 9 vs 91 33 72 3 51
マントル細胞リンパ腫 63 まれ 74 20 vs 80 28 64 9 27
MALT型の節外辺縁域B細胞リンパ腫 60 まれ 48 67 vs 33 19 14 50 74
濾胞リンパ腫 59 まれ 42 33 vs 67 28 42 4 72
びまん性大細胞型B細胞リンパ腫 64 ~25% 55 54 vs 46 33 16 18 46
バーキットリンパ腫 31 ~30% 89 62 vs 38 22 33 11 45
前駆T細胞リンパ芽球性リンパ腫 28 ~40% 64 11 vs 89 21 50 4 26
未分化大細胞型リンパ腫 34 よくある 69 51 vs 49 53 13 9 77
末梢型T細胞非ホジキンリンパ腫 61 ~5% 55 20 vs 80 50 36 15 25

分類

参考1
  • 経過による分類
進行スピードによる分類 該当する非ホジキンリンパ腫の種類
低悪性度(年単位で進行) 濾胞性リンパ腫
MALTリンパ腫
中悪性度(月単位で進行) びまん性大細胞性B細胞性リンパ腫
未分化大細胞リンパ腫
高悪性度(週単位で進行) リンパ芽球性リンパ腫
バーキットリンパ腫

検査

病勢と相関する項目

予後

参考

  • 1. 悪性リンパ腫の診断と治療
[display]http://ganjoho.jp/public/cancer/data/ML.html


  • first aid step1 2006 p.160294301302309431



EBウイルス」

  [★]

Epstein-Barr virus, EB virus, EBV
エプスタイン-バーウイルス エプスタイン-バー・ウイルスエプスタイン・バーウイルス
EBウイルス感染症ウイルス

ウイルス学

EBV関連抗原

  • EA, early antigen
  • VCA, virus capsid antigen
  • EBNA, EB virus determined nuclear antigen
  • LMA, late membrane antigen
  • LYDMA, lymphocyte-detected membrane antigen

EBV特異抗体

感染症

感染経路

  • 唾液感染

疫学

  • 日本では3歳までに80%が感染する (SMB.530)

検査

  • 急性期・回復期に、VCA-IGM, VCA-IgG, EA(早期抗原, early antigen)の高値、EBNA(核内抗原)の陰性を証明
EBNAは感染後3ヶ月以上経たないと立ち上がらない。




リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






腫」

  [★]

がん腫瘍腫瘤良性新生物


リンパ」

  [★]

lymph (Z)
lympha
淋巴
リンパ節


バーキット」

  [★]

  • バーキットリンパ腫


トリ」

  [★]

birdavian
鳥類




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡