バンカート法

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 肩甲骨関節窩骨折に対して鏡視下骨接合を行なった4例
  • 骨伝導性アンカーを用いた鏡視下Bankart法の<BR>術後成績とアンカー骨孔の検討

関連リンク

手術は、傷んだ関節前方の靭帯を関節包ごと修復する バンカート法(Bankart法) が最も理にかなった手術方法です。 バンカート法は、一般に肩を前から開いて直視下に行うオープンバンカート法が主流ですが、最近は内視鏡(整形外科 ...
当院では骨性バンカートやコンタクトスポーツ選手に対して、アンカーの糸を1本増やして、2本の糸のついたアンカーを2本、ないし3本関節窩にうちこんで剥がれた靭帯を修復します。Dual suture法と言います。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
関連記事

法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡