バンカート損傷

出典: meddic

Bankart lesion
*Bankart損傷
  • 肩関節の初回脱臼に起こることが多い
  • 関節唇・下関節上腕靭帯の関節窩からの剥離損傷
  • 骨性バンカート損傷:関節窩前方の剥離骨折

和文文献

  • 初回外傷性肩関節前方脱臼の治療
  • 橋本 俊彦
  • 了徳寺大学研究紀要 2, 89-101, 2008-00-00
  • 肩関節(肩甲上腕関節)は,主に軟部組織や関節内陰圧により安定性を得ているために最も脱臼が多い関節で,その中で前方脱臼が98%を占める.外傷性肩関節前方脱臼の病態は,主に上腕骨頭から下関節上腕靱帯(Inferior glenohumeral ligament:IGHL),関節唇,関節窩縁等で構成される肩甲上腕関節の前下方の支持機構の損傷(Bankart lesion)である.初回外傷性肩関節前方脱臼 …
  • NAID 110007055740

関連リンク

横断像. 側面像 (右肩). 正常肩 (肩の構造について図E,Fを参照). バンカート病変. 骨 性バンカート病変 ... ほとんどの場合バンカート病変が原因なので、多くの症例ではバン カート修復術を行うことになります。当院では鏡視下にバンカート修復術を行っている ...
鏡視下バンカート修復術,脱臼制動術の写真. しかし、大きな外力で関節窩から関節唇 靭帯複合体が剥がれます。この剥がれた病変をバンカート病変、バンカート損傷と呼び ます。 ラグビーやアメリカンフットボール選手などのコンタクトスポーツ選手の脱臼では、 ...

関連画像

この日は、錬金術のギルド おいなりのブログ バンカート損傷があります バンカート損傷があります冒険]


★リンクテーブル★
リンク元下関節上腕靭帯
関連記事損傷」「

下関節上腕靭帯」

  [★]

inferior glenohumeral ligament IGHL
肩甲上腕関節
  • 関節包が肥厚した靭帯である

臨床関連

  • バンカート損傷


損傷」

  [★]

injury, lesion
傷害
  • 損傷 injury:組織の生理的な連絡が絶たれる、または機能が傷害された状態 → 機能障害が含まれる。
  • 機械的なエネルギーにより生じた損傷。
  • 外力によって生じた組織損傷を総括して創傷と言うが、皮膚や粘膜の連続性が離断した開放性損傷を<創>、連続性が保持された閉鎖性損傷を<傷>と区別して用いることがある(SLE.12)

分類(SLE.106)

  • 鈍体損傷
  • 鋭器損傷
  • 刺器・尖器によるもの
  • 銃器・火薬による損傷

参考

  • 1.
[display]http://www.jaam.jp/html/dictionary/dictionary/word/0906.htm
  • 2.
[display]http://www.med.nagoya-cu.ac.jp/legal.dir/lectures/newest/node4.html


傷」

  [★]

wound
創傷傷つける





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡