バレー徴候

出典: meddic

Barre's sign Barre sign Barre's sign Barre sign
Barre徴候 Barre徴候バレー錐体路徴候下腿落下試験 leg-dropping test






UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

Barre徴候。軽い上肢の麻痺を判定する、錐体路徴候の検出方法。手のひらを上に向け て両上肢を「前にならえ」のように前に伸ばした状態で目を閉じたときに、麻痺がある側 の上肢が軽く回内して落ちてくると陽.
1) バレー徴候(Bare's sign). 上肢と下肢の軽い不全麻痺をみるのによい方法である。 上肢の検査:まず両腕を手のひらを上にして前方に水平に挙上させ、閉眼させて、 そのままの位置に保つように命ずる。麻痺側の上肢は回内し、しだいに下降する。錐体 路障害 ...

関連画像

片麻痺の診察バレー 徴候 閉眼 して 上肢 6Z030000001805.jpg 9Z020000030807.jpg 片麻痺の原因の多くは脳血管


★リンクテーブル★
リンク元下腿落下試験」「ミンガッツィーニ試験」「leg-dropping test

下腿落下試験」

  [★]

leg-dropping test, leg dropping test
leg drop試験
バレー徴候
  • 両膝を持ち上げ、次に両下腿を持ち上げ、両下腿を急に離すと、麻痺側はより速く落下する。


ミンガッツィーニ試験」

  [★]

Mingazzini test
Mingazzini試験
下腿落下試験ミンガッツィーニ徴候バレー錐体路徴候バレー徴候


leg-dropping test」

  [★] バレー徴候下腿落下試験




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡